FC2ブログ
もうだめ。死ぬ。
プロフィール

真慈真雄(しんじまお)

  • Author:真慈真雄(しんじまお)
  • 娘が生まれました。親バカ丸出しですが、将来美人になると思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

2007/1/28~

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サボテン日記。(7/21)
真慈「暑い日々が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。冷房がんがんに効かせて筋トレ頑張ってる真慈真雄です」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「筋トレのときぐらい冷房とは縁を切れ」
真慈「やだ暑いもん。ダンベルが汗で滑ってキーボード直撃したらどうするんですか」
課長「いや、せめて筋トレのときぐらい外に出たらどうかと言いたいのだが……」

真慈「ところで昨日発売のプレイボーイに、私の『僕は妹サマには逆らえない』が取り上げられていますよ」
課長「史上最低のエロラノベ特集か。変わった企画だな」
真慈「違えよ! 最低とか言うなよ! 私じゃなくて買ってくれた人に失礼だろ!」
課長「ふむ、『夏の官能小説 この1冊』か。結構大きく取り上げられてるじゃないか。誤植かこれは」
真慈「いや誤植じゃないとは思いますけどっていうか、誤植してもそうはならないでしょう。まあでも実際、こんなニッチな性癖の本がここまで大きく取り上げられるとは思いませんでしたが」
課長「書きながら『あーこんなの絶対売れないよなー』とか呟いてたもんなお前」
真慈「ヤンデレ妹に美少年が女装させられた挙げ句にアナル調教までされてしまうという、誰が得するんだみたいな内容ですからね。私はこういうの大好きですが」
課長「性癖が偏ってるとこの業界では苦労するよな。もっともお前の場合、性癖以前に実力が伴ってないけど」
真慈「それは読者と私だけの秘密です。編集さんには内緒ですよ?」
課長「いやバレバレだから」
サボテン日記。(6/8)
真慈「ブログ更新がすっかり遅れてしまいましたが、ついさっき某所から何か更新しろと脅迫されたので更新します」
課長「お前は脅迫されないと何もできないのか」
真慈「失敬な! 恐喝されたり恫喝されたり威嚇されてもやりますよ」
課長「せめてこう、そそのかされたり懇願されたりしたときもできないのか」
真慈「それはできない相談ですね。私にもプライドというものがありますから」
課長「どういうプライドだよ」


真慈「現在はお仕事が順調に滞っておりますが、いい感じに難儀しておりますので御安心下さい」
課長「うん、いつも通りで安心した」
真慈「ちげえよ! そこは『どう安心しろっていうんだ』とか突っ込むべきでしょ! あんた何年俺の相方やってんの!?」
課長「いやもう何か進歩のないヤツとの会話に飽きた」
真慈「サボテンにまでこの仕打ち! カニと戦えた啄木先生ぐらいには強くなりたい!」
課長「戦ってないしお前には無理だ。ところで仕事の内容は?」
真慈「まだ進行中なのであんまり喋れないんですが、相変わらずのエロ小説ですよ。楽しく書かせてもらってます」
課長「楽しいんなら、さっさと書けよ」
真慈「いやほら、楽しみは後に取っておこうかなーなんて」
課長「二度は言わんぞ」
真慈「し、仕事します」
サボテン日記。(4/28)
真慈「美少女文庫の方で、何か姉フェアやってるらしいですよ」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「何だそれは」
真慈「姉物の既刊を電子書籍で販売するらしいです。あ、私の『お姉ちゃんの弟くん』も5月26日から販売されるみたいです。私も姉属性萌えライターですので、そこはかとなく宣伝しておこう」
課長「どこがそこはかとなくだ」
真慈「それと、最新刊『僕は妹サマには逆らえない』も発売中です。こちらもそれとなく宣伝しておきます」
課長「どこがそれとなくだ」

真慈「ところでせっかくなので、最新刊の裏話でもしましょうか。久々の更新ですし」
課長「そうだな。怒られない範囲でならしてもいいぞ。誰も喜ばないとは思うが」
真慈「一言多いんだよアンタは! でですね、主人公兄妹の姓は『瀬尾』なんですが、これは元々『妹尾』だったのをちょっと修正したものです。文中で『妹尾の妹』とか表記した場合に、何だか見づらいので」
課長「どうでもいいな」
真慈「怒られない範囲でやれって言ったのアンタだろ! いいんですか、○○○を××しまくったこととか告白しても」
課長「それで困るのはお前だろうが」
真慈「ううっ。あ、それと妹のクラスメート2人の名字は、平家物語の武将から取ってます。瀬尾ってので平家物語を連想しまして」
課長「うん、本格的にどうでもいい。次」
真慈「どうでもいい話題しかできないじゃん! いいんですか、■■■が△を●●したこととかバラしますよ?」
課長「だから、それで困るのはお前だろ」
真慈「ううっ。登場シーンは一瞬ですが、クラスメートのファザコン少女・月子さんは私の好みですので、いつか作品化できればと思います。父娘物はまだ書いたことないので、一度やってみたいな」
課長「近親ネタ好きだなお前」
真慈「タブーには触れたがる性格ですので。インモラルなものほど燃えます」
課長「それはわかったから、締切を破るというタブーに触れたがるのは何とかしろ」
真慈「すみません、それは別にやりたくてやってる訳では」
課長「じゃあ締切は守れ」
真慈「善処します」
課長「だから目をそらすな」
サボテン日記。(2/25)
真慈「暇ですね」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「仕事は?」
真慈「著者校正の原稿待ちです。先週までの死闘が嘘のよう」
課長「いいな、気楽そうで」
真慈「今のうちに仕事場の掃除とかした方がいい気がしますね。資料という名の漫画やフィギュアが散らばっていて、かなりダメ人間っぽくなってきましたから」
課長「じゃあ片づけろよ」
真慈「めんどくさいです」
課長「最初っから片づける気なんかないんだろ」
真慈「ええまあ」


課長「しかし先月の更新からずっと、何やってたんだ」
真慈「原稿の手直しですね。普段でも結構時間がかかる工程なんですが、今回は更にエロエロにするために加筆しまくったので、えらく延びてしまいました。その分、クオリティは保証しますぜ」
課長「でもお前の書くものって、どんだけ頑張っても他の作家さんの半分ぐらいのエロさだしな……」
真慈「やめてくださいよ、私のブログで私を誹謗中傷するのは」
課長「悔しかったら×万部売ってみろ」   ※一~百ぐらいで適当な数を入れて下さい
真慈「ぐぐぐ」


課長「プライベートで何か報告することとかないのか?」
真慈「こんなどうしようもないダメ人間の私生活なんか報告して、誰が得するんですか?」
課長「誰も得はしないが、お前が恥をかけば読んでる人は多少優越感を得られるだろう?」
真慈「恥さらし確定かよ!」
課長「お前の自慢なんか誰も聞きたくないからな。恥以外書くなよ?」
真慈「えーと……じゃあ、そうですね……。2台ある執筆用ノートPCのうち、古い方が壊れました。死因はエイジ・オブ・エンパイア」
課長「意味がよくわからん」
真慈「ヒッタイトの精鋭弓騎兵を20騎ぐらい率いて、シュメールの砲撃訓練所を破壊していたところ、突然画面がサイケな色合いになって固まりました。前のPCもこのゲームやってる最中に壊れたんだよな。確かその前のも」
課長「それって単に、お前がそのゲームで遊んでる時間が一番長いだけじゃないのか。仕事の時間以上に」
真慈「……そうとも言います」
サボテン日記。(1/21)
真慈「生きてました!」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「死ねばいいのに」
真慈「今何か?」
課長「死ねばいいのにと言った」
真慈「憎まれっ子世にハバネロってヤツですよ旦那」
課長「暴君め。そろそろ新刊出るんじゃないのか?」
真慈「出る……と思います。そろそろ原稿書き上がりますので。いやあ長かった」
課長「もうちょい執筆ペース上げろよ。このままだと忘れ去られるぞ」
真慈「忘れ去られる以前に、私のこと知ってる読者の方ってどれぐらいいるんでしょうね。エロ小説の作者の名前なんて、よっぽど気に入らないと覚えないでしょう?」
課長「良かったな、忘れ去られる心配だけはしなくていいぞ」
真慈「鬼かアンタは」
課長「サボテンだよ」


真慈「とりあえず詳しい御報告等はフランス書院の公式サイトを御覧頂ければ、そのうち出てくると思います。公式サイトより先にこんな場末のブログで発表したりはしませんので、申し訳ありませんが今しばらくお待ち下さい」
課長「ところで次の更新はいつだ?」
真慈「新刊出たらにしましょうか……まだ原稿終わってないし」
課長「出るといいな」
真慈「不吉なこと言うな!」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。