FC2ブログ
もうだめ。死ぬ。
プロフィール

真慈真雄(しんじまお)

  • Author:真慈真雄(しんじまお)
  • 娘が生まれました。親バカ丸出しですが、将来美人になると思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

2007/1/28~

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況っぽい何か。
私「実は私、某ブラウザゲームにハマっていまして」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「なんだ唐突に」
私「Ogameっていう、宇宙戦争っぽいヤツなんですがね。惑星国家を運営して、艦隊戦とかやるゲームです」
課長「またお前、原稿が滞りそうなものを」
私「サーバーが2つあるんですが、新しい方のサーバーではランキング上位100人の中に入ってます。えっへん」
課長「ちなみに、そのサーバーの総プレイヤー数は?」
私「4千数百人ってとこですかね」
課長「お前な……遊んでないで仕事しろ、仕事」
私「仕事の合間に建築とか採掘とかの指示を出して、後はほったらかしで原稿書いてますよ。放置ゲームなので、私みたいな在宅のフリーライターとは相性がいいです。プロの自宅警備員の恐ろしさ、とくと思い知るがいいー」
課長「お前の自尊心はどこにあるんだ」

私「さて、現在は『暁の護衛』のノベライズのために、色々準備しております。制作進行中の作品に関しては、あんまり御報告できることがありません。ばらすとばらされちゃうから」
課長「企業秘密だからな、一応。ところで『あかね色に染まる坂』の方は、どうなんだ?」
私「ごめん、そっちも何も言えません。察しろ」
課長「仕方ないな……じゃあ、最新刊の話はどうだ」
私「発売前だから、それも難しいなあ。ああでも、神保玉蘭先生の挿絵はグレイトですぜ。これだけでも買う価値があるので、本文のクオリティは不問にして下さい」
課長「お前にはライターとしての矜持はないのか」
私「そんなもんバケツ1杯あったところで、1円にもなりませんよ。商業作家に必要なのは、プライドじゃねえ! 卑屈な下僕根性だ!」
課長「それはお前だけだ。全ての商業作家に土下座しろ」

私「あー。働きたくないなぁ……防音と空調が完備された部屋に閉じこもって、一日中アニメとゲームに埋もれて過ごしたい」
課長「今とほとんど変わらない気もするが……」
私「んで、暇潰しにエロ小説書くんですよ。お気楽なノリのハーレム物とか、気に入ったエロゲの二次創作とか」
課長「それは完全に、今の生活そのままだ」
私「はっ!?」
課長「『はっ!?』じゃないだろ」
私「あー。どこかに、いやらしい小説書いてるだけでお金が貰える国ってないかなあ」
課長「ここにあるぞ」
私「ほんとだ!」
課長「楽しそうだな、お前は」
私「実際には、そうでもないんですけどね。お金貰う以上、どんな仕事にも相応の苦労はあります。この商売も、全然楽じゃないですよ。さーて、○○ちゃんが×されて△△になる話でも書こうっと」
課長「いや、やっぱり楽しんでるだろお前」
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinjimao.blog10.fc2.com/tb.php/447-65e3b6be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。