FC2ブログ
もうだめ。死ぬ。
プロフィール

真慈真雄(しんじまお)

  • Author:真慈真雄(しんじまお)
  • 娘が生まれました。親バカ丸出しですが、将来美人になると思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

2007/1/28~

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKのアニメは化け物か。
私「イーサコちゃんが欲しい♪」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「しょっぱなからSIRENネタ混ぜてややこしくするな、この阿呆」
私「電脳コイル面白いですね。精霊の守り人も面白いですけど」
課長「精霊の守り人は、お前のとこじゃ視聴できないからな。DVDを待つがよい」
私「で、電脳コイルなんですが、子供の日常と非日常を生き生きと描いているのが大変良いと思います。遠くに置き忘れてきた子供時代の思い出を、色々とくすぐられるですよ」
課長「子供時代のお前に一番近いキャラはどれだ?」
私「……と、友達がいないって点でイサコかな……うへへ」
課長「あらゆる意味で哀れなヤツだな、お前は」
私「まあそれはさておき、イサコちゃんですよイサコちゃん」
課長「様をつけろよデコスケ野郎」
私「なんだ、課長もファンですか?」
課長「どっちかというとモジョかな。特に5番が」
私「どれだか分かりませんよ。直進くんかじってたヤツですか?」
課長「サボテン界では、あの色と毛が人気沸騰だぞ」
私「多肉植物の世界なんかどうでもいいです。それよりイサコちゃんですよ」
課長「お前の歪んだ嗜好からして、絶対にフミエかオバサンに萌えると思ったんだがな」
私「フミエ普通に可愛いじゃないですか。オバサンだって美人ですし。イサコはあの、『クールビューティ気取った寂しがり屋』なところがたまりません。微妙に屈折してる性格が最高」
課長「踏まれたいか?」
私「それもいいですが、意地悪したくなります。で、半泣きにさせた後で可愛がります。できれば性的に」
課長「お前は口を開く度に、人間的価値が暴落するな」
私「人生ストップ安ですよ」
課長「そんなこと言って同情を誘おうとしても無駄だ。内心では、登場人物が小学生ばっかりのエロ小説を書きたいとか思ってるだろ」
私「ぎく」
課長「小説だから児童ポルノ法は関係ないが、さすがに無理なんじゃないかね?」
私「無理かも知れませんねえ……ああそうだ、注意書きをつければいいんですよ。『この作品に登場する小学生は、全員18才以上です』って」
課長「お前正真正銘のバカだろ。いや本気で」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinjimao.blog10.fc2.com/tb.php/385-a590ac74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。