FC2ブログ
もうだめ。死ぬ。
プロフィール

真慈真雄(しんじまお)

  • Author:真慈真雄(しんじまお)
  • 娘が生まれました。親バカ丸出しですが、将来美人になると思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

2007/1/28~

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作家やってて良かったかな、という日。
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「その手に持っている冊子は何だ?」
私「友人が昨年の冬コミで買ってきた同人誌ですよ。『二次元ドリーム文庫総解説』ってタイトルです」
課長「書評がメインの記事なんだな」
私「そうですね。もちろん私の作品も載っていますよ。『淫蕩仙女妃麗』『魔法のメイドの美沙都さん』『おしかけメイド隊』『巫女かるてっと』『誘惑くのいち学園』がエントリーしてます」
課長「可哀想に……他の作家さんと比較されたら、お前の立場があるまい。なんせキルタイムのド底辺作家だからな、お前は」
私「自覚してることをいちいち言わなくていいです……と言いたいところなんですが」
課長「どうした?」
私「『淫蕩仙女妃麗』が、二次元ドリーム文庫1の作品だと絶賛されています」
課長「ほほう」
私「確かにあれは資料とかいっぱい揃えて書いた、私の力作でしたねぇ。当時はまだドリーム文庫の方向性が確立してなかったこともあって、それをいいことに好き放題書かせてもらいました」
課長「しかしこの同人誌、丁寧な作りの誌面構成だな。とても好感が持てるぞ。ぶっちゃけ、お前の書く小説より立派だ」
私「げふごふ。ちなみに発行者は、『東洋大学SF研究会』の皆さんですね」
課長「なんでSF研究会が……?」
私「SF小説の方面から、文芸要素が入ることが多いんですよ。私自身、山口大学SF研究会の機関誌で、ちまちまと小説書いてました。もはや黒歴史ですが」
課長「同じ学漫系サークルの人間として、やっぱり親しみを感じるかね?」
私「そりゃあもう。それにコミケじゃいつもご近所様でしたからねぇ。ああ、素晴らしき我が青春よ」
課長「ちなみに『淫蕩仙女妃麗』の続編とかは?」
私「出せるといいんですが、諸般の事情でたぶん無理だと思います。色々と話は考えていたんですが……」
課長「どんな?」
私「緋鈴の生前に関するエピソードを考えてました。彼女を殺した犯人を追って、妃麗・緋鈴・マリーの3人は台湾へ! 死闘とエロスがガッツンガッツン……と。まあ、全部お蔵入りになってしまいましたが。ははは」
課長「残念だな。ライトノベルとエロの両立は、なかなか難しいものだな」
私「やっぱりエロが主体ですからねぇ。でも個人的には『淫蕩仙女妃麗』大好きですよ。金髪ロリとフタナリスパッツと堕落した美女って、私のストライクゾーンど真ん中ですし」
課長「ま、お前の書く作品でも、多少は誰かを楽しませることがある訳だ。しっかり精進せよ」
私「はい。今後の参考にさせて頂きます」
課長「では執筆を再開せよ。ていうか電話鳴ってる」
私「いやあああぁ!」

 東洋大学SF研究会の皆様に、改めてこの場でお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

>『二次元ドリーム文庫総解説』
後一ヶ月で夏コミですが、夏コミには続本でているのかな。
夏コミ参加できそうだったらさがしてみます。
そのうち『真慈真雄総解説』とかはでてこないでしょうかね
【2007/07/17 14:50】 URL | CELESTAR #- [ 編集]


 毎年出してる訳じゃないみたいですから、あるかどうかは未知数ですねえ。
 真慈真雄総解説が出るには、あと50冊ぐらい単行本出さないと無理でしょう。ははは。
【2007/07/22 15:01】 URL | 真慈真雄 #- [ 編集]


出すしか。U>ω<)ノ
【2007/07/23 10:53】 URL | ハル #- [ 編集]


 無理だから?( ̄□ ̄;)
【2007/07/23 13:23】 URL | 真慈真雄 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinjimao.blog10.fc2.com/tb.php/384-40b0d354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。