FC2ブログ
もうだめ。死ぬ。
プロフィール

真慈真雄(しんじまお)

  • Author:真慈真雄(しんじまお)
  • 娘が生まれました。親バカ丸出しですが、将来美人になると思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

2007/1/28~

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも気をつけていること。
 プロになって4年目の私ですが、商業作品書くときにいつも気になるのが「売り上げ」です。なんせ売れなければ生活が成り立ちませんし、仕事の依頼も来なくなってしまいます。
 で、具体的にどういうことを気にしているかと言うと、まずはケース1。

A氏「なあ、真慈真雄の新刊いいよな。俺買ってないけど」
B氏「ああ結構いいよな。全部立ち読みしちゃったよ」
C氏「んじゃゴーストラプソディ買って帰ろうぜ」

 えー……この場合、私の本は1冊も売れていません。つまり、市場での評価はゼロです。みんなそれなりに誉めてるのにね。
 要するに「買うほど魅力的じゃない」ということで1冊も売れなかった訳です。
 一方、ケース2はこんな感じ。

A氏「真慈真雄の新刊よくね? 俺買っちゃったよ。貸そうか?」
B氏「マジかよ、あんな
ロリ足コキマニアの小説なんか興味ないぜ」
C氏「俺買ったけど速攻捨てたよ。エロくねー」

 こっちは1人を除いてボロクソに罵倒していますが、一応2冊売れてます。
 結局のところ、読んだ人がどう評価しようとも、とにかく売れないことにはどうしようもないんですよね。この世界、買ってもらえるかもらえないかという、二進法の世界ですから。
「買うほどじゃないけど良い作品」よりは「好みが分かれるけど好きな人はハマる作品」の方が良い訳です。
 商業作品なら、後者みたいな作品を書きたいですね。
 で、具体的にどういう作品が後者になるのかと言うと……。

 それがわかりゃ苦労はしません_| ̄|○
 教えてエロい人。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

今すぐ売れなくても、作者が没してから作品の良さが世間に広まる例もありますし
とにかく書くのが良いのではないでしょうか。
10年くらいしたら大ヒット!って事もあるかもです。

そんな事を考えているヒマがあったら、原稿を書きあげなさい!('Д')ノ~ピシーッ!
【2007/01/10 10:31】 URL | ハル #- [ 編集]


 作者が死んだ後で売れても、私は一円も儲からないのですが……。
【2007/01/10 11:00】 URL | 真慈真雄 #- [ 編集]


C氏はいい人ですね(ぉ)。
とりあえず自分は、読んだ人に「おもしろかったなぁ」とか「エロかったなぁ」とか思ってもらえる本を、と青臭いことを考えてます。いや、リピーター狙い、といった打算も多分に含まれてるんですが。
……というか……自分には重版なんてまだ夢のまた夢なんです(さめざめ)。
【2007/01/11 00:03】 URL | 伊吹泰郎 #mQop/nM. [ 編集]


貰ったサイン色紙の価値が値上がりするのを虎視眈々と狙っていますので頑張ってください(マテ
先日、古巣に戻って真雄先生の作品を推す棚作りにするよう工作してまいりました(ぁ
毎回楽しんでおりますのでこれからも頑張ってくだされ~(=゚ω゚)ノ
【2007/01/11 07:59】 URL | 混沌 #- [ 編集]


私もサイン色紙欲しい(ぇ
むしろまた単行本を購入するのでサイン本を(ぁ

色々書こうと思って考えてたんですが、私は美○女文庫も二次ドリ文庫も新刊を一部の人を除いて全部購入しているので、別に選んで買っている人じゃないんですよね。
まぁ、文章力のある人はどんなジャンルを書いてもそこそこ面白い作品が書けると思うので、文章力を磨くのが一番の近道であり王道ではないかと思います。

…なんか偉そうですね私。
【2007/01/11 12:19】 URL | 元thorの廃鰤 #- [ 編集]


 いや、私のサイン色紙なんて鍋敷きぐらいにしか使えませんから……。
 上で伊吹先生も言っておられますが、やっぱり一番大事なのは、読んだ人に満足感を与えられることでしょうね。文章力しかり、構成力しかり。
 私は薄汚れた物書きなので、「くそう、もっと続きが読みてえ! なんか物足りないんだよ! 続編書け!」とか思ってもらえるものが書きたいですが。うへへ。
 でもそのわりには、続編が書けるような終わり方させてないな……。
【2007/01/11 13:54】 URL | 真慈真雄 #- [ 編集]


大丈夫です。真慈真雄さんの作品はいつも人気がありますから…
【2007/01/11 19:40】 URL | yah #- [ 編集]


私もサイン色紙ほしい(二号
【2007/01/11 21:47】 URL | ハル #- [ 編集]


これはあれですよ。
大阪あたりで、真慈真雄先生を励ます会とかやって、みんなでサイン本ゲットしかありませんね(ぇ
【2007/01/12 02:12】 URL | 元thorの廃鰤 #- [ 編集]


サイン本もらえるなら仕事休んで夜行バスつかってでもいきますよ(´∀`)
【2007/01/12 17:39】 URL | ふぃ~ #I/H64puw [ 編集]


 いやちょっとみんな落ち着いてください?( ̄▽ ̄;)
 こんなマイナーエロ小説家のサインもらっても仕方ないのでは……。ああでも、現存するサイン色紙は混沌さんに差し上げた1枚だけですから、ある意味ではレアかも知れません。
 そりゃまあ、サインぐらいはお安い御用ですが……。いやしかし。
【2007/01/13 03:10】 URL | 真慈真雄 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinjimao.blog10.fc2.com/tb.php/325-d5edc2be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。