FC2ブログ
もうだめ。死ぬ。
プロフィール

真慈真雄(しんじまお)

  • Author:真慈真雄(しんじまお)
  • 娘が生まれました。親バカ丸出しですが、将来美人になると思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

2007/1/28~

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書きにくい人。
 気づいたらデビュー3周年でした。おめでとう私。エロライトノベル作家生活も4年目に突入です。
……なんか無駄に年月だけ重ねている気がしなくもないです。

 さて、過去に色んなキャラを書いてきましたが、やっぱり書きやすいキャラと書きにくいキャラがいます。
 今までで最も書きやすかったキャラは、「おしかけメイド隊」の小金井蜜柑(電波系金髪ゴスロリメイド)。彼女の章は、執筆&修正作業に3日しかかかりませんでした。
 逆に最も書きにくかったのは、「巫女かるてっと」の葵(巨乳眼鏡巫女)。ここで1ヶ月近く筆が止まってしまい、大変難儀しました。

 キャラの性格が私の中で整理されていないと、リアクションとかで行き詰まってしまいます。設定を色々と決めて書き始めたのはいいけど、細部がまだ……というような場合は、どうしても執筆に時間がかかってしまいますね。
 ちなみにこれは書きやすいかどうかの話であって、キャラへの愛着とは余り関係がありません。強いて言うなら、編集さんからの要望が多かったキャラは、だいたい書きにくいキャラになってます。設定の変更を重ねていくうちに、自分でもどう書いたらいいのか判らなくなってくるんです。

 キャラ作りは担当編集さんとの二人三脚で行われていくんですが、私が激しく主張するのがロリ&天然キャラで、編集さんが熱烈にアピールしてくるのが巨乳キャラです。
 双方ともに互いの領域では一歩も譲りませんので、最終的には互いに折れることになります。

 でもそれ書くのは俺なんだよ! 俺の引き出しにないキャラは書けねえー!

 まあ私も一応プロですから、実際には「書けない」とは口が裂けても言いませんが。書いてるうちに、書けるようになるもんですしね。
 でもやっぱ書けねえー!(どっちだよ)

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinjimao.blog10.fc2.com/tb.php/319-e610a03e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。