FC2ブログ
もうだめ。死ぬ。
プロフィール

真慈真雄(しんじまお)

  • Author:真慈真雄(しんじまお)
  • 娘が生まれました。親バカ丸出しですが、将来美人になると思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

2007/1/28~

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロライトノベルの書き方(その1)。
 最近、サボテンの話と締め切りピンチの話以外書いてないような気がしてきましたので、たまには読む人のためになるようなことでも書きます。
 といっても、私はエロ小説を書くことと締め切りを破ること以外にこれといって芸がありませんので、とりあえず私流の締め切りの破り方エロライトノベルの書き方など少々披露していこうかと思います。

■キャラクター■
 ライトノベル全般において、最も重要なのはキャラクターの魅力だと思います。キャラクターが魅力的であることは、必要不可欠な大前提。
 これはかの有名な、あかほりさとる氏も言っています(私はこの人の作品好きじゃありませんが、言ってることは間違いないと思います)。
 だって、考えてもみて下さい。

 あなた、ヒロインがワカメちゃんのエロ小説が売れると思いますか?

 いやまあ、「むしろそれがいい!」と言い出す人が若干いるのは知っていますが、売り上げ自体はえらいことになるのは確実でしょう。やはりそれよりは、むちむちでぼいんぼいんでウッフーンな女の子(あるいはロリロリでつるぺたでわはーな女の子)の方がいいですよね。
 キャラに魅力があることは、ライトノベルの最低条件でしょう。逆に言えば、キャラに魅力があれば、多少の無茶はできます。例えば、「シュワルツェネッガー主演の水戸黄門」とか、世界観ぶち壊しにしてますけど、ちょっと見たいと思いませんか(私は非常に見てみたいです)。
 これも俳優(キャラ)の個性に魅力があるために、世界観などの設定とミスキャストを起こしていても何とかなってしまう例でしょう。

 で、どうやったら魅力的なキャラクターが作れるか、というのは、私にも全然わかりません。んなもんブログに書ける程度の分量でまとめられるんなら、私もっと有名になってますって。

 とりあえず、今日はここまで。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

サボテン課長は大変魅力的ですが何か?
【2006/05/20 04:02】 URL | リトルブラザー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinjimao.blog10.fc2.com/tb.php/262-636f1bce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。