FC2ブログ
もうだめ。死ぬ。
プロフィール

真慈真雄(しんじまお)

  • Author:真慈真雄(しんじまお)
  • 娘が生まれました。親バカ丸出しですが、将来美人になると思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

2007/1/28~

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物書きに必要なもの。
 二次元ドリームマガジンでデビューしてから、早3年目。ぼちぼち新人とは言えなくなってきたエロ小説家です。
 収入と知名度は、新人のときから全く変わっておりませんが。_| ̄|○

 デビューして瞬く間に消えていく作家さんもいる中で、よくもまあ私みたいに自堕落で適当な物書きが残っているものだと思います。
 たぶん、自堕落で適当なところが生き残れた秘訣ではないかと思います。

 小説家というのは、余り必要のない職業です。医者や農家が半分に減ってしまったら大変ですが、小説家が半分に減っても余り不便は感じないでしょう。
 そんな浮き草稼業ですから、当然ながら紆余曲折の連続です。口座が空っぽで、財布の中に4円しかなかったこともあります。仕事が全く来なくて、このまま失業するのかと思ったこともあります。
 几帳面で真面目な人なら、不安でおかしくなってしまうかも知れません。
 ですが私は生来いい加減な男なので、飢えない限りは貧乏生活も結構楽しんでますし、仕事が来なくても「そのうちまたどっかで書けるさ」と気楽に構えていられます。これには「好き放題やって野垂れ死ぬなら構わない」という、ある種の覚悟も必要ですが。

 そんな訳でして、プロの物書きに最も必要な資質というのは、底抜けに気楽な性格ではないかと私は思います。サラリーマンが辛いからって小説家目指す人は、たぶん無理だと思います。
 もっともサラリーマンと小説家では仕事の辛さの種類が違うので、人によっては適応しちゃうかも知れませんが。
 満員電車で通勤しなくていいし、職場の人間関係に悩むこともありませんし、朝は好きなだけ寝ていられます。ただし社会保障は皆無ですし、なかなかアパート借りられませんし、常に失業の危険に晒されていますが。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

結構前ですが、本買いましたよ~。
新宿まで行く用事がありましたのでね。

だけどメイド隊だけ売ってなかったorz
【2006/01/12 13:10】 URL | ふぃ~ちゃん #I/H64puw [ 編集]


 売れているので、もうほとんどの書店に残ってないようです。
 通販で購入するか、増刷をお待ちください。

 私の家に来れば、編集部から貰ったのが何冊か積んでありますけど……。
【2006/01/12 14:48】 URL | 真慈真雄 #- [ 編集]

うほ
やっぱり売れてたんだ。こっちも購入するときとらのあなに行ったけれども置いてなくて、別の書店で一冊だけ棚に残ってるのを買ってまいりましたよ。なんともめでたいことであります。
【2006/01/12 21:21】 URL | リトルブラザー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinjimao.blog10.fc2.com/tb.php/210-d84141bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。