FC2ブログ
もうだめ。死ぬ。
プロフィール

真慈真雄(しんじまお)

  • Author:真慈真雄(しんじまお)
  • 娘が生まれました。親バカ丸出しですが、将来美人になると思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

2007/1/28~

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロ小説家になるための、あまり役に立たない方法。
 以前、二次元ドリームマガジンでもやってましたが、オタクの憧れの職業のトップは、小説家やライターだそうです。
 実際にはそんなにいいもんでもないんですが、それでも小説家になりたいという物好きな人もいると思います。
 で、どうやったらなれるかということについて、主観と偏見と憶測のみで述べていこうと思います。
 といっても、エロ小説家になる方法ですが。

 一番手っ取り早いのは、どっか小説家を募集している編集部に原稿を持ち込むことです。そこそこ文章力があって、そこそこ運が良ければデビューできるでしょう。私もそうでした。
 新人賞も悪くないんですが、競争倍率が半端じゃないです。エロじゃないですけど、角川電撃文庫の新人賞とかだと、入賞の倍率は軽く200倍ぐらいになるようですね。作品を最後まで書き上げる力のある小説家志望200人を相手にして勝つ自信がある人なら、それでもいいんじゃないでしょうか。
 まあ二次元文庫とかには、新人賞そのものがありませんけどね。
 あと、同人作家やってるうちにスカウトされてプロに……というのは、聞いたことがないです。そもそもスカウトされるほど才能があるんなら、さっさと編集部に持ち込んだ方が早いんじゃないでしょうか。

 他の方法もありますが、「プロ作家を殺害して本物と入れ替わる」とか「世界を征服した後で権力を行使して作家デビュー」とか「新月の夜に生け贄の子羊を捧げて、魔王と取引をする」とか「史上まれに見る凶悪テロを起こした後、獄中で手記を発表する」など、あまりお勧めできないものばかりです。

 いずれにしても、応募作を書くときに、遠大な構想とか綿密な推敲とかは必要ありません。それよりも数をこなす方がいいような気がします。
 アマチュアで筆が進まないとか言ってる人は、プロになったら1行も書けずに逃げ出すと思います。

 それから私が知る限り、デビューするまでに何年もかかったという作家さんは、あまりいないようです。私はプロを志して6ヶ月目で、最初の仕事が来ました。
 1年かかってもデビューできないようなら、素直に別の道を探したほうがいいのかも知れません。
 ていうか、エロ小説家ってぜんぜん儲からないから、マジでやめといた方がいいと思います。_| ̄|○

テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinjimao.blog10.fc2.com/tb.php/114-a8e38b71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。