FC2ブログ
もうだめ。死ぬ。
プロフィール

真慈真雄(しんじまお)

  • Author:真慈真雄(しんじまお)
  • 娘が生まれました。親バカ丸出しですが、将来美人になると思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

2007/1/28~

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小人閑居して不善。
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「どうした人間失格者。わざとらしく、眉間にシワなんか寄せて」
私「私の小説、売れてるんですかね?」
課長「売れてなければ、今頃とっくに干されてるだろう。売れない作家を使う編集部がどこにある」
私「それはまあ、そうなんですが。最近は初版部数も増えてありがたいんですが、逆に増刷が減ってしまいまして」
課長「それが何か、問題でもあるのか」
私「いや、ひょっとして不良在庫になってないかなーとか。なんせどれぐらい売れたかは、私にはわかりませんから」
課長「編集部に聞いてみればいいだろうに」
私「それで『あー、君の小説あんま売れてないねえ。初版部数減らそうか』とか言われた日には、心臓が分子レベルで静止してしまいますよ」
課長「心配するな、そのときはお前に相談なく減らす」
私「らめええええ!」


私「ところで、次回作の執筆なんですが」
課長「順調か? いやそんなはずはないな」
私「2秒で否定ですか」
課長「お前の執筆が順調だったことが、一度でもあったのか?」
私「ありませんね」
課長「2秒で否定しやがった」
私「でも最近は、仕事の予定がみっちり詰まってますからね。順調だろうが不調だろうが、とにかく刊行予定に穴を開ける訳にはいかないんですよ」
課長「お、ちょっとプロっぽい発言だな」
私「1作書いてミリオンセラーになるどっかの業界と違って、エロ小説は数こなさないとダメですからね。生きてる限り、書き続けないといけません。ああめどい」
課長「ということは、還暦過ぎてもエロ小説書いてる訳か」
私「まあ……そういうことになるんですかねえ。あんまり考えたことないですけど」
課長「嫌なジジイだな」
私「ふぇふぇふぇ」
「あかね色に染まる坂」の見本誌届きましたよ。
私「暇になるとリボルテックレヴィをJOJO立ちさせて、1時間ぐらい遊んでいる真慈真雄です。うーん、よくできてる」
課長「遊んどらんと原稿を書け、この無能ライターが。仕事が2本溜まって滞って焦げ付いて火を噴いてるじゃないか」
私「はっ、そうでした。でも締切まだ余裕あるし、大丈夫ですよね」
課長「引っ越しの準備と確定申告もあるぞ」
私「そうそう、リボルテックレヴィに付属しているサブマシンガンなんですが、これをリボルテックヘルダイバーに持たせると良い感じです。また、ヘルダイバーのナイフをレヴィに持たせても、海賊ねーちゃんっぽくってグッドです。ただしサイズが少し違うので、そこらへんは御注意下さい」
課長「私の話を聞け」
私「そうそう、最新刊の『あかね色に染まる坂・長瀬湊の恋色』なんですが、先日見本誌が届きました」
課長「湊ファンの期待に応えるようなものになっているか?」
私「どうでしょうねえ……ニーズは多様でしょうから、全ての需要に応えるのは物理的に不可能ですし。一読されてお気に召さなかったら、ごめんなさい」
課長「謝って許してもらえると思ったら大間違いだ」
私「えー。じゃあ謝らない」
課長「子供か、お前は」
私「まあそれはともかく、発売日が今から楽しみです。そうだ、湊シナリオもう1回やっとこう」
課長「お前はいつになったら仕事をするんだ」
百合について熱く語る日。
私「ボーイズラブってありますよね」
課長「なんだいきなり」
私「ボーイズラブが嫌いな女性はいないんですよ(※妄想です)」
課長「それがどうした」
私「話は変わりますが、歴史を紐解いてみると、文化の爛熟期には男性が女性化する傾向があるそうです。女性的なファッションが、男性にも流行したりとか」
課長「ふむ」
私「つまりいずれは、全ての男性が百合スキーになる日が来るのですよ」
課長「全ての男性がボーイズラブに目覚める可能性と同じぐらい、現実味がありそうだな」
私「望むところです」
課長「黙れ」

私「まあ軽いジョークはさておき、自作品にレズシーンを潜り込ませる真慈真雄です。ほどほどにしてますので、レズ嫌いな人でも大丈夫だと思います」
課長「趣味と仕事の区別はつけろと、あれほど言ってるだろうが。誰のために小説書いてるのか良く考えろ」
私「だから、獣姦シーンとか猟奇シーンとかは書いてませんよ。そういうのも好きですけど、二次元文庫のカラーではありませんから」
課長「やっぱり時代はハーレム物だな」
私「可愛い女の子にモテモテというのは、男性永遠の浪漫ですからね。ハーレム物の人気が衰退する予兆は、まだ見当たりませんし」
課長「だからと言って、女の子が女の子にモテモテというハーレムを書こうとか言うなよ」
私「でも女の子だけの百合ハーレムな作品って、一般作品にもあるじゃないですか」
課長「お前の力量では無理だ。来世まで待て」
私「来世はサボテンになる予定なんですが。確定申告しなくていいし」
課長「別にサボテンにならなくても、確定申告しなくていい方法は幾らでもあるだろうに……」
既刊リスト。
 真慈真雄の作品リストです。
……最近、自分が何を書いたか思い出せなくなってきました。
※面倒臭いものですから、単行本だけリストアップしてます。モバイルや本誌での仕事は割愛しました。

■美少女文庫
・お姉ちゃんの弟くん(09年)
・僕は妹サマには逆らえない(10年)

■二次元ドリーム文庫
・淫蕩仙女妃麗(05年)
・魔法のメイドの美沙都さん(05年)
・おしかけメイド隊(06年)
・おしかけメイド隊2(07年)
・巫女かるてっと(06年)
・誘惑くのいち学園(06年)
・あねもね!~お姉ちゃんパラダイス~(07年)
・巫女さんときどきオニ(07年)
・うぇるかむメイドカフェ(08年)
・しゅごにん! くのいちパラダイス(08年)

■二次元ゲームノベルズ
・あかね色に染まる坂 長瀬湊の恋色(08年)
・あかね色に染まる坂 片桐優姫の恋色(09年)
・あかね色に染まる坂 白石なごみの恋色(09年)
・暁の護衛 プリンシパル・ツキ(08年)

■二次元ドリームノベルズ
・ショットガンレディ(04年)
バレンタインの一幕(うぇるかむメイドカフェ)。
ひなた「ふんふんふ~ん♪ ここにパイナップル載っけて、こっちにはバナナも……よっと」
潤「何をしてるんですの、ひなた?」
ひなた「あ、潤ちゃん。見て見て、御主人様にあげるチョコ作ってたんだよー。美味しそうでしょ」
潤「ひなた」
ひなた「ほえ?」
潤「これをどうやって渡すおつもり?」
ひなた「……あ」
潤「『あ』じゃないでしょう! こんな巨大な物体、お店から動かせませんわ! 厨房のドアもくぐれないでしょう!」
蜜月「ひなたさん、潤さん、何してるんですか? そろそろ開店時間ですよ」
潤「蜜月、このアホの子が作ったチョコを御覧なさい」
蜜月「うわぁ、大きなパフェですねえ。こんなお皿、どこから持ってきたんですか?」
潤「突っ込むところが違いますわ、蜜月」
楠葉「あなたたち、いつまでぐずぐず……って、これは何ですか? 高さが2メートル以上あるんですが」
潤「オーナー! このオタンコメイドに、加減というものを教育してやって下さい!」
ひなた「まだ完成してないから、触っちゃダメだよ。そうだ、御主人様にここで食べてもらえばいいんだ。ボクってあったまいー♪」
蜜月「ひなたさん、下の方が溶けかかってます」
ひなた「え、本当だ! あわわっ、急いで御主人様に電話して! チョコ渡すから全速力でお店に来てって」
潤「来たら何て言うでしょうね、御主人様」
楠葉「このサイズは、もうチョコがどうとかいうレベルじゃないですね……。もはやテロです」
ひなた「とっ、溶けないように、アイスもっと盛りつけよう! 大きくなれば、その分溶けにくいって学校で習った! ボクってば超クール!」
潤「そのままパフェごと溶けておしまいなさい」
お知らせとか。
■お知らせ■
 現在使っているFC2ブログですが、最近やたらと重く感じます。たまに表示がおかしかったりしますし。これ以上使いにくくなるようなら、移転も考えないといけませんね。
 移転する場合には事前にここで御報告しますので、よろしくお願いします。

 あと、成人向けの営利サイトから宣伝用のコメントが複数回に渡って貼られるようになりました。こういうのはアクセス禁止にしてるんですが、今回のはなかなかしぶといです。
 やむなく、当面はコメントを承認制にさせて頂くことにしました。だいたい毎日ブログチェックしてますので、翌日にはコメントが表示されると思います。
 なおコメントに英数半角が一定以上含まれていると、コメントが拒否されます。これまた甚だ不便ですが、御了承下さい。


私「以上、当ブログからのお知らせでした」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「やれやれ、たかがネット上のチラシの裏ごときに大袈裟なことだ」
私「まあ、ブログ持つ以上は管理もしませんと。ブログに限らず、所有物が増えると責任が増えますね」
課長「この大量の献本とかも、頭の痛い在庫だな」
私「普通、こういうのは友人知人とかにあげちゃうんでしょうけどね。しかしエロ小説だと、嗜好が合わないと貰ってくれませんよ」
課長「それ以前に、お前友達いないだろ」
私「い、いますよ?」
課長「誰だ」
私「課長……とか?」
課長「いや、それはないな」
私「そうですか……」
課長「いいから次回作のプロットでも書け」
私「とっくに書き上げてますよ。編集部に送っときました」
課長「珍しく仕事が早いな」
私「今回も締切がメチャクチャ早いんです……」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。