FC2ブログ
もうだめ。死ぬ。
プロフィール

真慈真雄(しんじまお)

  • Author:真慈真雄(しんじまお)
  • 娘が生まれました。親バカ丸出しですが、将来美人になると思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

2007/1/28~

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうだめwww死ぬwww
私「ミシュラン東京版ってありますよね」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「何だ唐突に」
私「いや、料理みたいに数値化しにくいものを☆つけて評価するってのは、わかりやすくていいですよね。多少強引な感は否めませんが。書評とかでもよくあります」
課長「軍隊じゃないが、やっぱり☆が多いほど偉く見えるものだからな」
私「しかしみんながみんな、☆をつけるというのもありきたりです。いっそ、wでもつけてみたらどうでしょうか」
課長「レストランwww」
私「うはwwwホテルwww」
課長「いきなり価値が暴落したな」
私「あなたも立派なサボテンなので、三ツ星にしましょう。おkwww課長www」
課長「おまwww真慈www真雄www」
私「ちょwwwメイド作家www」
課長「品位の欠片もないな」
私「料理に☆なんかつける方が、よっぽど下品ですよ」
課長「という訳でして、今後は真慈真雄作品を評価する場合はwの数でお願いします」
私「大丈夫、それだとwつかないから……」
現在の様子。
私「いや……これは違うな。俺の冬彦は、こんなこと言わない」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「何やっとるんだ、このクソたわけめ」
私「『あかね色に染まる坂』のノベライズ作業ですよ。新規ストーリーの書き下ろしですから、そりゃあ悩みもします」
課長「二次元ゲームノベルズのパターンだと、キャラ毎に1冊ずつ出していくスタイルのはずだが。トップバッターは誰なんだ」
私「それは企業秘密なので言えません」
課長「新規ストーリーということは、アナザーストーリーなのか?」
私「それも企業秘密なので言えません」
課長「で、それはいつ頃書き上がるんだ」
私「それも企業秘密なので言えません」
課長「正直に、遅筆だから分からないと言え」
私「遅筆だから分かりません」
課長「早く書かないと、ブームが終わってしまうぞ」
私「急いでますよ。今回の締め切りの早さは、尋常じゃありません。執筆開始直後から、いきなりラストスパート状態ですよ」
課長「お前はそれで他の作家さんと同じぐらいだから、ちょうどいいんだ」
私「で、冬彦の台詞なんですが……」
課長「亜矢先輩以外のことで、私に話しかけるな」
私「亜矢派っ!?」
メイド色に染まる俺。
私「これからの時代はメイドですよ」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「お前の時代はいつ頃から止まっているんだ」
私「いやでも、メイド人気が不動であることは疑いようもないでしょう。少なくとも当分はメイドが萌え主流の一角だと思いますよ」
課長「で、お前もせっせとメイド小説を書きまくっている訳だな」
私「だって編集さんが書けって言うんだもん。だもん」
課長「人のせいにするな。毎回熱心にメイド物プロット送ってるのはお前だろうが」
私「今回はメイドカフェが舞台なので、メイドさんの衣装にバリエーションを持たせてみましたよ。イラストレーターさんと私の趣味爆発です。ふひひひ」
課長「そういやキャラデザ見たときに踊ってたな、お前」
私「毎回素敵なイラストレーターさんとお仕事できて、私は幸せ者ですよ。もっとも、絵に負けない本文書くのが、物凄くしんどいですが」
課長「イラストばかり輝いてるシオマネキみたいな本ばっか出してないで、もう少し本文も努力しろ」


私「ところで課長、今日は文字色が変ですね」
課長「葉緑素配合で目に優しいのだ。お前も文字色をあかね色とかにしてみろ。補色で鮮やかになるぞ」
私「目がちかちかしそうです。ところであかね色といえば、大人気18禁PCゲームの『あかね色に染まる坂』ですが」
課長「また強引に話をそっちに持っていったな」
私「いやあ、プレイしたけど楽しかったですよ。会話のテンポいいし。キャラはみんな好きですね。特に冬彦とか。何で冬彦攻略できないんでしょう」
課長「変態だな」
私「いや、さすがに私も冬彦本など書いたりはしません。……商業では」
課長「同人で出す気か?」
私「そんな暇ないですけどね。当分は仕事に追いまくられる日々が続きそうです。ああ忙しい」
課長「前から思ってたんだが、お前って一応は専業作家なんだから、それぐらい忙しいのがむしろ普通なんじゃないかと思うんだが」
私「いやだってさー、働くのってしんどいじゃん?」
課長「何でお前みたいなのが生きてるんだろうな……」
次のお仕事の詳細。
私「ちょ、ちょっと待てええええ!」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「何を慌てとるんだ、このクサレ駄文屋」
私「次回作の情報が、早くも公式で発表されてしまいました。いくら何でも早すぎるでしょうに。ああっ、まだ全然書いてない!」
課長「焦ってやがる、早すぎたんだ」
私「とりあえず、次回作の情報はこちらです」

http://ktcom.jp/gamenovels/

課長「ほう……ゲームノベルズか。お前も偉くなったもんだな」
私「その偉さの基準がよく解らないんですが」
課長「いや、文庫で何とか生き延びてる脆弱な三流物書きの分際で、よくこんな重要な仕事を任されたものだな、と」
私「いや実際、メチャクチャ緊張してますけどね。迂闊なものを書いたら、原作ファンに刺されますよ」
課長「心配するな。その場合でも、どうせ『真慈真雄って誰よ?』とか言われて終わるから」
私「それはそれで辛いです」
生存報告と次回のお仕事。
私「言い換えると、『執筆マラソンから生還したけど、また次の執筆マラソンだよトホホ』ということです」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「久々の第一声がそれか」
私「いやもう、今回は締切が早いわ、モバイルや本誌の仕事が入るわ、同時進行で仕事してるわで大変でした。まあ、言うほど働いてはいないんですが」
課長「いつも通りに締切をぶっちぎったのは、そこらへんを言い訳にするつもりかね?」
私「いやどっちかというと、今回の章構成を変えたことが主な要因ですね。エロシーンを充実させるために、色々と構成を変えてみました。結果、ページ配分等で悲惨な苦労を……」
課長「今回はエロ重視か」
私「いつでもエロ重視ですけどね。今回は初心に立ち返って、詰め込めるだけエロを詰め込んでみました。カバーから溢れるぐらいに、ぎゅうぎゅうに詰め込んでありますよ」
課長「だといいんだがな……」
私「それより、次の仕事に取りかからないといけません」
課長「また単行本の仕事かね?」
私「ええまあ、いつものように」
課長「今度は締切を守れよ」
私「と、当然ジャないデスかー。拙者のディモールトなハードワーキングっぷりを見て、ぶったまげるないアルヨー!」
課長「どんだけ動揺してるんだお前は」

 という訳でして、流れるように次の執筆マラソンへと走り出す私でした。
 ゴールテープがスタートラインって、何だかとっても嫌です。
締め切りヤバい。マジやばい。
私「何がヤバいかと言うと、もう過ぎてる
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「お前はもう死ね」
私「仕事の遅いヘタレ物書きに、いっぺんに幾つも仕事を依頼するからですよ! 私のスケジュール管理とか、小学生レベルですよ!」
課長「夏休みの宿題を7月中に終わらせる小学生と比較すれば、小学生以下だな」
私「はっはっは。さて軽い前フリが終わったところで、最近判明した新事実を」
課長「さらりと流したな、こいつ」
私「キルタイムコミュニケーションで初単行本『堕ち果てる私』を刊行した、漫画家の抹茶ちゃもも先生なんですが」
課長「ああ、ロリ系の絵師さんだな。柔らかそうな女の子を描く人」
私「高校時代の知り合いでした」
課長「……なんで今まで気づかなかったのかね」
私「お互い長いこと音信不通で、しかもペンネーム変えてたからです。こないだ抹茶先生から連絡貰って、初めて気づきました」
課長「何かもうお前、人として色々とダメだな」
私「てな訳で! 抹茶ちゃもも先生の『堕ち果てる私』の詳細はこちら!」

http://ktcom.jp/book/2dc/2dc103.htm

私「幼稚園児までがストライクゾーンという抹茶ちゃもも先生の活躍に、御期待下さい」
課長「さらりと嘘をつくな」
私「すみません。『10才児までがストライクゾーン』の間違いでした」
課長「それもどうかと思うが」
私「はっはっは。これ以上書くと、私の若い頃の痛い話とか暴露されそうなので、このへんにしておきます」
課長「リンクに抹茶先生のHPを勝手に追加しておいたぞ。もちろん本人の承諾なんぞ、欠片も得てないがな」
私「そのうち私の小説の挿し絵とか担当してくれると嬉しいですね。まあ私には、何の決定権も無い訳ですが……」
課長「いいからお前は残りの原稿を書け」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。