FC2ブログ
もうだめ。死ぬ。
プロフィール

真慈真雄(しんじまお)

  • Author:真慈真雄(しんじまお)
  • 娘が生まれました。親バカ丸出しですが、将来美人になると思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

2007/1/28~

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思えばあれが転落の始まり。
私「ばんざーい! ばんざーい!」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「騒々しい、今すぐ目と耳と口とを塞げ」
私「どこの少佐ですか。窒息するっての。そんなことより、うちの出版社からコミックヴァルキリーの増刊が出るんですよ。これを見て下さい」

http://www.comic-valkyrie.com/

課長「見たが、これがどうした」
私「私がときめいているのは、ドリームハンター麗夢ですよ」
課長「典型的な80年代アニメだな。エロとかグロとか萌えとか詰まってるヤツ」
私「当時小学生だった私は、某民放がこいつを放送したおかげで、一気にオタクに転落したのですよ。麗夢萌え。超萌え」
課長「こんな緑色の髪した小娘の、どこがいいんだ」
私「可愛いじゃないですか。フレアスカート・レオタード・ビキニアーマーの3段階変身もありますし。何より、中の人が松井菜桜子なんですよ」
課長「そういやお前、この時代の女性声優マニアだったな」
私「いい、とてもいい! キャラも声もモロに私の趣味です。美少女が片っ端から惨殺されるシーンもあったりするし!」
課長「アダルトバージョンのビデオも、しっかり持っているという……」
私「ちなみに第1作の最後で、麗夢が依頼人の女の子にキスするシーンがあるんですが、それで百合スキーに目覚めました。ビバ百合」
課長「ガキに刺激の強いものを見せてはいかんという、良い例だな」
私「ちなみにコミックヴァルキリーには小説とか載ってないので、私は全然関係ありません。でも編集部におねだりして、1冊送って貰えないでしょうかね?」
課長「甘えるな。自分で買え」
私「市内には置いてる書店が無いようですが……」
ケータイ小説ってやつですか。
私「キルタイムコミュニケーションのモバイル二次元ドリームで、新作『誘惑くのいち学園外伝 抜け忍さつき』が配信中ですよ」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「これでお前も、ケータイ作家の仲間入りか。で、今回のヒロインは五月なのか」
私「何だかんだで人気あったみたいですからね、あの子。他の子たちも登場してますよ。第一回配信分では、梓と2人であんなことやこんなことしてます」
課長「のっけからエロシーンかよ。しかも趣味全開だな」
私「純粋な願望を言えば、女の子による男の子のための女の子ハーレムが書きたいんですよ。やおい好きの女の子がいるように、私は百合好きでして」
課長「文庫の方では危険な賭けだから、ちょっとできない展開だな。世間ではまだまだ、男と女の恋模様が主流だからなあ」
私「もちろんそのへんにも配慮してありますよ。今後の展開に御期待下さい。だいたいいつも通りですけど……」
課長「今回は挿し絵がないから、読むときは想像力で補わないとダメだな」
私「えー、本編の『誘惑くのいち学園』には、しなのゆら先生による超美麗でエロエロな挿し絵がたっぷり入っております。これを機会に1冊お求めになってはいかがでしょうか。増刷されたので、お求めやすくなっていると思います」
課長「さりげなく露骨に宣伝しとるな」
私「グーグルで私の名前を検索したときに、関連検索で『誘惑くのいち学園 真慈真雄』って出るようにしたいんですよ。ちなみに現在、私の名前でぐぐると、おしかけメイド隊が関連検索で出てきます」
課長「そのうち関連検索で、『真慈真雄 課長』とか出てこないだろうか」
私「ははは、きっぱりとお断りします」
課長「私もだ」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

作家殺すにゃ刃物はいらぬ。
私「うわーん、ド○えも~ん!」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「私はドラ○もんではない」
私「聞いてくださいよ、私の友人が酷いんです」
課長「いや、お前は私の話を聞け
私「友人が『巫女さんときどきオニ』を買ってくれたんですが、まだ読んでないって言うんですよー」
課長「いいじゃないか、買ってくれさえすれば。後は捨てようが燃やそうが、お前の知ったこっちゃないだろう」
私「そうですね」
課長「少しは否定しろよ、人として」

私「とまあ、のっけから私のドス黒い部分が浮き彫りになった訳ですが、やっぱ読んで貰えないのは辛いですね」
課長「いや、そのうち読んでくれるだろう」
私「『今すぐ読もう』という気持ちになれない時点で、私の負けですよ。『めんどくさい>読みたい』という関係です」
課長「つまり、わざわざ読むほどのものではない、と言われたようなものか」
私「余裕で凹みますね。まあ私も、飽きてきたシリーズ物の小説とかだと、買ってから一ヶ月ぐらい放置したりしますから。もう別に読むの愉しみにしてないけど、惰性で買ってる感じ」
課長「つまらないと思ってるから、そうなるんだろうな」
私「物書きには繊細っていうか、精神的に脆い人が結構いますからねえ。他にも、小説家やライターがぐさりと来るような言葉は多いのですよ」

・なんでここで○○にしちゃうの?
・こんなん売れる訳ないだろ
・こいつは○○ってものを理解してないな
・この程度なら俺でも書ける

私「とまあ、あくまでこれは一例ですが。他にもいっぱい思いつきますが、鬱になるから書きません」
課長「でもこれ、お前も普段から言ってる言葉だろ。読者の立場で」
私「まあそうです。えてして素直な感想ほど、作者を深く傷つけるものなのですよ。そして作家は、その痛みに耐えるために理論武装するのです」

・なんでここで○○にしちゃうの?→その方が売れるから
・こんなん売れる訳ないだろ→それの実売部数知ってますか?
・こいつは○○ってものを理解してないな→あなたの独自解釈など知りません
・この程度なら俺でも書ける→やってみろよ(笑)

課長「なんだか殺伐としてきたな」
私「お互いにエゴ剥き出しですからね。どっちもどっちです」
課長「ところでお前の小説って、実際にはどんな評価を受けてるんだろうな?」
私「さあ……たまにブログで書評してくれてる人とかもいますけど、だいたいは好意的ですからねぇ。直接感想を言ってくれる人も、基本的には誉めてくれますから」
課長「そりゃまあ面と向かっては言いにくいだろ。だが、お前の知らないところでボロクソに言われてる可能性は、十分にあるな」
私「商品を買った人には、その商品に対してクレームをつける権利がありますよ。エロ小説もまたしかり、です」
課長「まあ大半の人は、つまらないと思ったら、無言で投げ捨てるだけだからな。クレーマーは大事にしろ」
私「確かにそうですね。批判的な意見は大事にしましょう。ところで私は、ブログの相方としての課長に、クレームをつけたいのですが」
課長「私の言動にクレームをつけた場合、例外なく敵対行為とみなす」
私「ちょ……」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

締切前の静けさ。
私「てな訳でして、ブログ更新のネタすら考えている余裕がない真慈真雄です」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「生存報告ぐらいに思って頂けると幸いです」
私「なんせ文庫の原稿書きながら、次の仕事のプロットまで書いてますからねぇ。本気で隔月刊作家になれそうな勢いですよ」
課長「1日8時間執筆すれば、嫌でもそれぐらい出るけどな」
私「執筆は物凄く消耗するので、毎日8時間執筆とか絶対嫌です……」
課長「どうせ締切前は14時間執筆とかザラだろうが」
私「過去の記録には19時間執筆しっぱなし(食事抜き)というのがありましたが、さすがにあれは色々と危険な気がしました。もうやりません」
課長「普段からコツコツ書いていれば、そんな苦労しなくて済むものを」
私「働きたくないでござる! 絶対に働きたくないでござる!」
課長「じゃあ死ね
私「いきなり死ですか!?」
課長「『働かざる者生きるべからず(byエクセルサーガ)』だ」
私「光合成以外何もしないサボテンに、そんなこと言われたくないな……」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

エロはいいねぇ。
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「おい、なんか仕事用のメアドに迷惑メールいっぱい来てるぞ」
私「またですか、もう。毎日毎日受信拒否に追加してるのに、どんどん湧いてきやがるんですよ。非公開にしてるのに」
課長「ああ、非公開にしているのは、そういう理由か。てっきり読者からの苦情メールでも怖れているのかと思った」
私「メールで直接文句言ってきてくれたら、私はむしろ喜びますけどね。そういう意見は聞かせて貰う価値があります」
課長「しかし、何で急に迷惑メールが」
私「ヤフーのメアドなんですが、ヤフーのアカウントを少しいじったから、そこから漏れたんでしょう。やっぱり無料のサービスにロクなものはありませんな」
課長「それにしても、出会い系サイトの広告ばっかりだな」
私「出会いなんかいりません。私には自分の作り出したキャラがいっぱいいますから。目を閉じるだけで素敵な脳内ハーレムが」
課長「そういうこと言うと信じる人がいるからやめろ。それに出会い系といえばエロだろう。お前の領分じゃないか」
私「だから要らないんですよ。エロなんぞ売るほどあるっての」
課長「エロ小説家だから?」
私「うん」
課長「こやつめハハハ」
私「ははは」
課長「お前のボケはパターンにはまり過ぎてて、面白くないな」
私「あなたのツッコミが平凡だからですよ」
課長「いや、脳内キャラのツッコミに文句言われてもな……」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

勝てば官軍なんですが。
 大言壮語は高くつくなあ、と改めて思った私です。
 まあテレビ局も最初っから、さんざん持ち上げてから叩き落とすつもりだったんではないかと思いますが。視聴率稼げますしね。
 小物は小物なりに大人しくしてれば、世間様は十分に寛容なんですが……。というわけで、私も大人しくブログの更新など。

課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「どこが大人しいんだ、どこが」
私「私にだって、人の好き嫌いぐらいはありますよ。もう昔っからアイツ大嫌いで。ざまーみろ、くけけけけ」
課長「ネガティブな内容の記事は、お前のためにならんと思うがな。読む人だって不快だろうに」
私「問題ないですよ。誰もこんなブログ読みゃしません」
課長「その割には、カウンターは順調に回ってるようだが。これ重複はカウントしないヤツだろ」
私「うーむ、では頑張って何か書きましょうか」

課長「ではまず謝罪からだな」
私「いきなり何を謝罪するんですか!?」
課長「お前が生きていることとか」
私「生まれてきてごめんなさい!」
課長「まあお前の謝罪なんか、何の値打ちもないんだが」
私「だったら謝らせないで下さいよ」
課長「世間様に土下座して生きるのが、人間の正しい生き方だぞ」
私「サボテンに言われたくねぇ!」
課長「忍耐の塊であるサボテンを見習うがいい」
私「ああ、超売れっ子作家になって、傍若無人の限りを尽くしたいなぁ。あの人は天才だから何をしても許されるのよ的な」
課長「売れなくなったら○田と同じ運命だがな」
私「勝って調子に乗ってるヤツは、負けた瞬間に袋叩きにされますからねぇ。しかし一度でいいから、調子に乗るぐらい勝ってみたいものです」
課長「無理なんじゃね?」
私「いやそこで会話を放り出さない。心と心のキャッチボール」
課長「サボテンに心なんかねーよ」
私「心ない人だ」
課長「だからサボテンだって」
女騎士だけでなく、女投石戦士とか女重装歩兵とかの特集もしませんか?
 ようやく夏の暑さも完全に去り、秋っぽくなってきました。もう10月ですけど……。
 私は今日も、サボテンと一緒に原稿書いてます。

私「見てくださいよ、課長。この物件なんか、敷地と建物まとめて一千万切ってますよ。しかも駐車場3台つき」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「待て待て、こっちの物件の方が二階建てで広い。山奥だが」
私「ううむ、こんな安い物件がゴロゴロしているとは、山口県おそるべし」
課長「一発当てたら、一戸建て買って永住だな」
私「今の収入じゃ、当分無理ですけどね……」
課長「おとなしくサラリーマンしていれば、今頃こんなものローンでさっくり買えたものを」
私「銀行ってところは、作家にはあんまり金を貸してくれませんからねえ。収入不安定だから」
課長「ホームレス作家を数年やれば、簡単に買えるぞ」
私「ネットとパソコンどうするんですか。資料だって送って貰わないといけないし」
課長「東京でホームレスやればいいだろう。ネットは編集部で借りろ」
私「これ以上編集部に迷惑かけたら、間違いなく消されます……」
課長「ま、今から老後の住まいとか考えなくていい。それより、来月の締切を何とかすることを考えろ」
私「同時進行で別の仕事もしてますしね。そうそう、今月の二次元ドリームマガジン『女騎士特集号』ではカラー小説担当してます。陵辱シーンとか書くの久しぶりでしたから、楽しかったですよ」
課長「本誌で書き下ろしは久々だな」
私「今年は『あねもね』の1ページ読み切り書いたぐらいですね。なんせマガジンの方は締切がタイトですから、私みたいな怠け者には任せられません」
課長「自分でわかってて直さない辺りが、人間としてダメだと思うんだがな。来世はコウヤノマンネングサにでもなってしまえ」
私「いや、ちゃんと1日で全部書き上げましたよ? さすがに本誌の依頼は締切守りますから」
課長「何で単行本の締め切りは守れないんだろうな」
私「無能だから」
課長「ああ、そうだな……」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

ツンデレーのリスト。
私「今日の記事のタイトル、もしかしてエロゲか何かのタイトルになってないかとグーグル先生にお尋ねしてみたところ、1000件ほどヒットしました」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「お前の検索癖は、もう病気だな」
私「新刊のタイトルとか、被ってたらヤバいですからね。こうやってひとつずつ可能性が消去されていき、最後にはタイトルがつけられなくなる日が来ることでしょう」
課長「新しい言葉がどんどん生まれてくるから大丈夫だろ。だいたいツンデレだって、最近の言葉じゃないか」
私「私がデビューした当時は、市民権持ってなかった気がします。私もツンデレの意味がわかったのって、2年ほど前の話ですしね」
課長「相変わらず流行に鈍いな、お前は。本当に作家なのか?」
私「違うんじゃないですか?」

課長「それはともかく、ツンデレが好きなのか」
私「厳密に言うと、ツンデレはそれほど好きじゃありませんね。私個人の趣味では、デレは要らないんですよ」
課長「ツンだけか」
私「そう! みんなと一緒のときもツン、二人きりでもツン! 病めるときも健やかなるときもツン! 富めるときも貧しきときもツン! いつでも冷たく酷い仕打ちを!」
課長「それは単に嫌われているだけでは……」
私「……そうとも言います」
課長「変態だな、お前は」
私「いや、私は単に冷たくされるのが好きなだけで」
課長「真性のマゾめ。やっぱり変態だろうが」
私「マゾは作家の基本属性ですよ。でなきゃこんな仕事できません」
課長「同業者の社会的地位まで危うくするような発言は慎め、この腐れ脳内作家が」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

名無しさんではダメですか。
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「キャラの名前はできてるか、三流駄文書き」
私「そりゃまあ、執筆始まってるんですから決定してますけどね。でも今回も、えらい難産でした。3人目あたりから小一時間苦悩しましたよ」
課長「ヒロインが何人も出てくると、読んでる方も混乱してくるからな。なるべくスッキリと覚えやすく、なおかつ個性が表れているものにしろ」
私「季節とか色で分けると、わかりやすい気がします。『おしかけメイド隊』シリーズは、全部色で分けてありますね」
課長「『あねもね』と『巫女さんときどきオニ』は、季節で分けてあるな」
私「例外は『誘惑くのいち学園』ぐらいですかね。もっともあれは表記の方を工夫して、ひらがな・カタカナ・漢字1文字・漢字2文字と、全部変えてあります」
課長「文才がない分、こういうところで配慮が必要な訳だな」
私「本当のことを言わなくていいです。『誰が誰だかわかんね』という状況だけは、避けないといけませんからねえ」
課長「心配するな、作者の名前よりは多少覚えやすい」
私「くっ……いいんですよ、作者の名前なんか。作者買いされるほどの有名作家じゃありませんからね。ていうか、エロ小説はエロ漫画と違って、大抵の人は作者買いしませんよ」
課長「お前の場合、むしろ作者名を伏せていた方が売れるかも知れんな」
私「……検討しておきましょう」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

今日も明日も執筆奴隷。
私「はぁ……デビューしてもうすぐ4年。書いた単行本は9冊。これだけ書いてるのに、どうしてミリオンセラーが出ないんでしょうね」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「出る訳ないだろうが、この浅学非才の二束三文夏炉冬扇木っ端微塵ライターが」
私「四字熟語そんなに並べなくたっていいじゃないですか。知ってますか、角川とかの人気作家さんだと累計100万部とか余裕で超えてるらしいですよ」
課長「公称値だろそれ。まあ話半分としても、エロライトノベルとは格段の開きがあるが」
私「エロライトノベルも100万部売れる日が来ませんかね」
課長「そのうち誰かがやるだろ。お前でないことだけは確かだが」
私「表紙変えただけで『人間失格』が馬鹿売れする時代ですから、何が起こるか判りませんよ?」
課長「表紙で売れて嬉しいか?」
私「嬉しいです」
課長「……そういうことを言っている間は、ミリオンセラーとは無縁だろうな」

私「まあそんな薄汚れた妄想はさておき、次回作の執筆は順調です。信じられない話ですが、毎日きちんと原稿書いてるんですよ」
課長「威張るな、恥ずかしい」
私「今までは1ヶ月ぐらい放置した後、締め切り直後に一気に書き上げるとかしていましたが」
課長「もう次の仕事が入ってるから、それができないだけだろう。早く終わらせないと、どんどん仕事が溜まっていくぞ?」
私「なんか賽の河原で石積んでる気分になってきました」
課長「陰気な顔をするな、鬱陶しい。どうせ積むならピラミッド級の石塔でも積んでやれ」
私「ひと~つ積んでは~……あ、あなたのためじゃないんだからっ!」
課長「それはツンデレだ」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。