FC2ブログ
もうだめ。死ぬ。
プロフィール

真慈真雄(しんじまお)

  • Author:真慈真雄(しんじまお)
  • 娘が生まれました。親バカ丸出しですが、将来美人になると思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

2007/1/28~

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今だからできるヤバい話。
私「……何ですか、このタイトルは」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「作家のブログなんだから、たまには気の利いた裏話でもしろということだ」
私「謹んでお断りします。まだ、この業界から抹殺されたくありませんので」
課長「いや、そんな本格的にヤバい話はしなくていい。だいたいこのブログ、読んでても面白くないんだよ。耳寄りな情報がある訳でもないし」
私「む、確かに。じゃあ、そうですね……実は私、メイド属性持ってないんですよ。メイド系のエロ本とか一冊も持ってないです」
課長「誰が信じるんだ、そんなヨタ話。どう見たってお前、メイドキ○ガイじゃないか」
私「いや、自分が持ってない属性でも本が書けるようじゃないと、プロなんて務まらないと思うんですが……」
課長「しかしメイド系のエロ本は持ってなくても、メイドさん自体は好きだろ?」
私「そりゃまあ好きですよ。名作劇場に出てきそうな地味系メイドさんも好きですし、秋葉原にいそうな華麗なメイドさんも好きです。あとスパッツ穿いた武装メイドさんとか……うへへ」
課長「いやお前の趣味とか聞いてないから、もっと別の裏話をしろ」
私「そうですか……。あ、そうだ。『あねもね!』のルビ(フリガナ)なんですけど、他の作品と較べるとやけに少ないんですよ」
課長「ああ、確かにそうだな」
私「締め切りギリギリだったので、ルビ振るのが間に合いませんでした」
課長「何という……」
私「いや、でもいいじゃん! 私の小説って、基本的にルビが必要な単語とか出てこないでしょう! 無くても普通に読めるし!」
課長「それはそれで問題だがな」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

君は逃げ延びることができるか(締め切りから)。
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「公式のブログに、お前の新刊情報が出ているな」
私「発売は9月20日ですか」
課長「発売日を強調したいのはわかるが、少し落ち着け」
私「いつもながら、発売前はドキドキが止まりませんね。不整脈で倒れそうです」
課長「売れるか売れないか、発売されてみないとわからんものだからな。ここ1年半ぐらいは、出すもの全部売れてるから一安心だが」
私「イラストレーターさんと編集さんのおかげですよ。私はどちらかというと、みんなの足を引っ張って回る役です」
課長「今回も入稿はギリギリだったようだな」
私「しかもギリギリアウトってのが罪深いですね。はっはっは」
課長「笑いごとじゃない。二次元ドリーム文庫の恥さらしだ、お前は」
私「すみません。でも、反省はしているんですよ?」
課長「どこがだ。同じ過ちを繰り返している時点で、反省の欠片も見あたらん。次の仕事も、ちゃんと進めているんだろうな?」
私「既に執筆中ですよ。今度こそ締め切りを守れそうな気がします」
課長「……」
私「何ですか、その腐ったミカンを見るような目は」
課長「胸に手を当てて考えてみろ」
私「どうせなら、ボインボインの巨乳巫女さんの胸の方がいいですね」
課長「……今回もダメだな、これは」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

新刊情報(今度こそ本当)。
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「そろそろ仕事の時間だ、一山幾らの雑魚ライター
私「私みたいなのが山盛りになっても、値打ちなんか無いと思いますよ。さて、では本日は新刊情報を。編集部で貰った二次マガ見たら、新刊情報出てましたからね。当ブログでも情報解禁ですよ」
課長「物凄くさりげなく酷いこと言ってるのはスルーしてやるから、さっさと宣伝しろ」
私「来月発売予定の新刊は、『巫女さんときどきオニ』です。封印から解放された鬼が妹と共に、自分を封印した巫女の子孫に復讐する……予定のお話です」
課長「一見するとノベルズみたいな設定だが、思いっきり文庫系の話なんだな」
私「私は両極端が好きな人間でして、だだ甘ハーレム血塗れグロ陵辱のどっちかしか書けません。もちろん今回も前者ですので、読者の皆様は御安心下さい」
課長「前回ちょっとだけ出ていた、幼女率の話もしておけ」
私「二次マガ見てもらえば分かりますが、ヒロインは4人。うち2人がちびっこでして、ロリ率は通常の2倍となっております」
課長「1人増えただけだろ」
私「さすがにロリばっかで書く訳にもいきませんから……いや、私はそういうのも割と好きですけど」
課長「お前のロリ好きには、担当さんも呆れていたな」
私「熟女も大好きですよ。だから毎回、人妻とか女教師とか欠かしません。ああっ、俺を弄んでくれ! 踏んで! なじって! 罵ってえぇ!」
課長「お前が色々な意味でダメなのは分かったから、今回の見どころとかアピールしろ」
私「基本的にいつも通りです」
課長「それは見どころなのか……?」
私「毎回違うことされても困るでしょう? とは言っても多少は新しい試みもありますので、今からドキドキしています。売れて。お願い」
課長「あさいいちこ先生の挿し絵があれば、まあ何とでもなるだろう」
私「キャラデザ見て、あまりのラブリーさに悶えました。献本届くの、今から楽しみにしてます」
課長「という訳で、楽しみにしてるところを悪いが、そろそろ次回作の執筆だな」
私「いやああああぁ!」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

編集部潜入24時。
私「でも最近の単行本、ちゃんと売れてますか?」
編集者「心配しなくても、どの作品も良く売れてますよ」
私「そんなこと言って私を安心させようったって、騙されませんよ?」
編集者「いや、もうちょっと自信持って下さい。大丈夫ですから」
私「……本当に?」
編集者「本当ですよ」
※1行目に戻る

私「てな訳でして、コミケ翌日は我らの編集部、キルタイムコミュニケーションへ。公式サイトの地図を参考にしながら、八丁堀駅から歩いて行きました」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「京葉線のホームだけ、なんであんなに遠いんだ。駅内部にバスでも走らせてくれ」
私「約束の時間に遅れること20分、道に迷いながらも編集部にお邪魔します」
課長「本社ビルの写真とかないのか?」
私「撮影しましたが、逆光で何だかよくわかりません」
課長「この無能め。日頃の不手際とか、ちゃんと謝っておいたか?」
私「はい。まあでも私の場合、不手際というよりは人間的な部分の欠陥のような気がします。締め切りを守れないとか」
課長「お前は人生をやり直した方がいいな」
私「編集部では、初代担当Kさんと、現担当Aさんが、お忙しいにも関わらず出迎えて下さいました」
課長「特に初代担当さんには、公私に渡ってお世話になっているからな。手土産ぐらいは持って行ったんだろうな?」
私「すみません、気の利いたものが何もなかったので断念しました。この暑さで傷みそうでしたし」
課長「このアホめ。しかし、この時期に食中毒はシャレにならんからな……まあよかろう。で、どんな話をしてきた?」
私「次回作の打ち合わせが中心でした。3人で色々と悪だくみをしてきましたよ。○○○○○○の××とか、△△△△で□□するとか」
課長「全然わからん
私「秘密の悪だくみですから……。というか緊張してたせいで、メモの字が歪んで全然読めないんですよね。何を打ち合わせたのやら。あと、編集長にもお目にかかれましたよ」
課長「お前みたいな零細ライターのために、わざわざ顔を見せに来てくれたとか」
私「気さくな方でしたよ。触手とか生えてなかったですし」
課長「お前は編集長を何だと思ってるんだ……」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

あつコミ。
私「コミケ行ってきました。プロになって以来、初めてのコミケです。4年ぶり」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「ブランク長かったし暑かったから、3日目の午後から参加したそうだな。この腑抜けめ」
私「ペンネームの割にリスク管理は万全ですよ、はっはっは」
相変わらず変な形

私「12時前には、行列は完全に消化されていました。最初に西館に行って、東洋大学SF研究会さんの、『二次元ドリーム文庫総解説(2007年7月版)』を買います。委託でしたので、東洋大の皆さんには会えませんでした」
課長「残念だったが、まあ仕方ないな」
記念にパチリ

私「相変わらず、読んでいてくすぐったくなるほど誉められていました。恐縮の限りですが、元気出てきましたよ。ありがとうございます」
課長「しかし誉められるとこいつは調子に乗りますので、次回はボロクソに罵倒してやって下さい」
私「続いて東館へ。3日目東館の凄まじい混雑は懐かしさも感じましたが、やっぱつらいです。まずは紫カジマ先生のブースにお邪魔してきました」
課長「しかし緊張しすぎてて、何を喋ったか覚えていないという……」
私「名刺渡すのも忘れてたぐらい、緊張してましたからね。さぞや不審な挙動をしていたことでしょう。本当は『あねもねのキャラデザラフに描いてあったちびキャラが超可愛かったので、スケブお願いします』とか、『ムナック倒したときのキューって断末魔、ゾクゾクしますよね』とか、色々お話したいことがあったのですが」
課長「余計なこと言わなくて良かったな。しかし共通の知人がいたのが、ちょっとびっくりした」
私「世間って狭いもんですねぇ。紫先生、冬コミも押しかける予定ですのでよろしくお願いします」
課長「やめれ、お前が行くと迷惑がかかる」

私「紫カジマ先生とお会いした後、会場をぐるぐる回って適当に同人誌とか購入。はあばあと西先生の、猟奇エロゲとか買いました」
課長「混雑していたので、挨拶すらできなかったがな」
私「失礼いたしました。しかし猟奇は良いですねぇ。癒されます。私もグログロなハーレム小説とか書きたいなぁ。ヒロインたちを殺し合わせた後、ホルマリン漬けにして死体を飾るような」
課長「今までの作風をぶち壊しにするようなもんは書くな」
私「げふごふ。しばらく休憩した後、最後にしなのゆら先生のブースにお邪魔しました。なぜ最後にしたかというと、凄まじい混雑が予想されましたので」
課長「知らぬ者はない大手サークルだからな。うっかり気軽に行けん」
私「私が行ったときには、完売してましたのでゆっくりお話ができましたよ。やはり緊張しまくっていたので、何か失礼がなかったか不安です」
課長「心配するな、お前は生きているだけで失礼だ」
私「ひでぇ。しなのゆら先生には、『おしかけメイド隊1・2』『誘惑くのいち学園』の合計3作で挿し絵を描いて頂いてますので、念入りにお礼を言ったような気がします」
課長「ところで、しなの先生のサークルは今年で10周年だそうだな。素晴らしい」
私「改めて、お祝いを申し上げます。それにしても、しなの先生の描かれるつり目の女の子は、本当に可愛いですねぇ。見てるだけでドキドキしちゃいますよ」
課長「だからそういうことは、会ったときに言っておけと……」
私「すみません、緊張しててまともに喋れませんでした。こんなんばっか」

私「てな訳でして、汗と恥をいっぱいかきましたが、とても楽しいコミケでした」
課長「うまいこと言って、綺麗にまとめようとしても無駄だ。翌日の編集部訪問では、さらにおぞましき失態を見るであろう
私「編集部にお邪魔したときの話は、また次回にでも」
課長のつぶやき。
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「おい、ゴミ作家」

課長「……誰もいない、か。いつの間にか、あねもねの子たちもいなくなってるし」

課長「あの馬鹿は、コミケが終わったのにまだ帰ってこんのか。あんな人間の屑でも、いなければいないで多少物足りなさを感じるなあ。ん? 屑人間からメールだ」
紫先生の同人誌げっとおおぉ

課長「なになに……『しなのゆら先生と、紫カジマ先生に会えましたよ! ひゃっふー! 感激と脱水症状でもう死ぬ!』……楽しそうだな、おい」
あねもねもね。
ハルカ「はっはっは、この小市民的なブログは、わらわの統治下に置かれたぞ! 光栄に思うがよい」
千秋「編集部は盆休み、作者は上京で不在となれば、作中人物が顔を出すのも道理というものよねー」
ハルカ「ところで姉上、『あねもね! お姉ちゃんパラダイス』は、たいそう良く売れておるそうじゃな」
千秋「作者本人が言ってることだから、どこまで本当か怪しいけどね。私が執筆すれば、もうちょっと売れてたと思うんだけどな。真慈真雄程度の雑魚作家なら、これでも上出来じゃないかしら」
ハルカ「ま、紫カジマ先生の、エロ可愛い素敵な挿し絵があればこそじゃな。真慈真雄も、コミケで紫先生の同人誌を探すとか言っておったが……あのうつけ者のことじゃから、一般列の下敷きにでもなっておるかも知れんのう」

千秋「ところでハルカちゃん。あねもね発売当初は、毎日溜め息ばかりついてたわよね?」
ハルカ「うっ……。ま、まあ、わらわの性格が読者諸兄に気に入られるか、ちと不安だったのじゃ。今でも千秋姉様や夏希の魅力には、勝てておらぬのではないかと案じておる」
千秋「どうかしらねぇ……。まあでも、気に入ったって読者さんも、きっといるわよ。たぶんね」
ハルカ「う、うむ。全国700億と3人のハルカファンの皆、深く深く感謝しておるぞ。マリアナ海溝より深い感謝をこめて、メローネ公国騎士の爵位を授けよう」
夏希「あ、あの……。姉上たち、そろそろ私にも喋らせてくれ。実は新しい必殺剣を完……」
千秋「あ、そろそろ時間ね。んじゃ、撤収よ~♪」
ハルカ「撤収じゃ~♪」
夏希「あっ、あのっ……」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

新刊情報(が書けるといいのに)。
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「暇になったな……」
私「暇ですね……あの地獄の執筆マラソンが、嘘のようです」
課長「発電所並みに操業を続けている地獄の二次元編集部も、そろそろ盆休みかね?」
私「公式HP見る限りでは、営業の方は15~19日まで休みみたいですよ。編集部はどうなのか知りませんが、みんなコミケ行きたいでしょうから、休みじゃないですかねえ」
課長「私たちもコミケ行くか」
私「行きたいっすね。よし、久しぶりに東京行きますか」

課長「ところで、新刊情報は?」
私「公式HPかブログに紹介されるまで、詳細は……。あ、でも今回は私の趣味全開で、幼女率を上げてますよ。貧乳バンザイ」
課長「まあ、友人知人に会うたびに、幼女比率上げろと要求されてたしな……」
私「いい仲間に恵まれて幸せですよ私は」
課長「目を背けながら言うな」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

ひとまず完了。
課長「!」
私「!」
課長「!」
私「!」
課長「という訳でして、このバカがようやく原稿を完成させました。読者の皆さん、この屑に石でも投げて讃えてやって下さい。角の尖ったヤツ推奨」
私「いやまだ修正作業とか残ってますし、仕事自体は終わってないですよ。まあ私が今死んでも、本は出ると思います」
課長「む、ならばこんなところで遊んでないで、さっさと片づけてしまえ。盆前の作家には、休息も人権も存在せんのだ」
私「それ別に、普段からないような気もするんですが……」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

いやもう大変で。
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「まだか!」
私「まだです!」
課長「まだか!」
私「まだですって!」
課長「締め切りはすぐそこだぞ! エンジン回せ! 機首を上げろ! 操縦桿から指を放すな!」
私「いつもながらの超低空飛行です。締め切り曲芸飛行とでも言いますか」
課長「そんなもん自慢にならん。盆と年末は色々と大変なんだ、さっさと書け!」
私「心配しなくてもプロ4年目、9作目の単行本ですよ。今さら……」
課長「最後まで言え」
私「……今さら、怠け癖が治るはずがありません」
課長「今すぐ死ぬか? それとも今すぐ殺されるか?」
私「書き終えるまでは殺さないで下さい。一応私にも、責任感の欠片の名残りの残滓の予兆の痕跡ぐらいはあります」
課長「お前の説得はどうしてそう、誠意の欠片の名残りの残滓の予兆の痕跡もないんだ」
私「回を追うごとに、過去の作品が重圧になるんですよぅ。うっかりしたもん書いて、読者の期待を裏切る訳にはいきませんから」
課長「期待……?」
私「なんですその不思議そうな顔は」
課長「お前の作品に期待している人間が、いるとでも?」
私「……いませんか?」
課長「いないんじゃないか?」
私「全国に7人ぐらいはいませんか?」
課長「黙れ、手を止めるな、さっさと書け! 泣くな! 迷うな! 貴様に許されるのは、黙って原稿を書くことだけだ!」
私「ううっ……」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。