FC2ブログ
もうだめ。死ぬ。
プロフィール

真慈真雄(しんじまお)

  • Author:真慈真雄(しんじまお)
  • 娘が生まれました。親バカ丸出しですが、将来美人になると思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

2007/1/28~

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あとがきっていいよね。
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「おいこら、そこのド低脳半端ライター。締め切り間際に何やってる」
私「まるで私が、仕事放り出して遊んでるみたいに言わないで下さいよ。ちゃんと仕事してるところですから」
課長「そうか。それは済まん。で、何をしていた?」
私「学園キノ2読んでました」
課長「そうか。では今死ね」
私「わわわ、落ち着いて課長! コルト・ピースメーカーで争いを起こすのは良くありません!」
課長「争いなど起きんさ。起きるのは、一方的な殺戮だ」
私「いやほんと、ちゃんと原稿進んでますから! 私みたいな零細物書きが、原稿落とせるはずがないでしょう?」
課長「その言葉にどれぐらい説得力があるかはもはや問うまでもないとして、とりあえず話を続けさせてやろう」
私「あい。時雨沢先生のあとがきは、いつ読んでも楽しいのですが、今回は対話形式になってます。私と課長みたいですね」
課長「作者が1人で語るより、仮想人格との対話形式にした方が変化を持たせられるからな。まあ同じことやっても、実力の差でこんだけ違うものができる訳だが」
私「ライトノベル界の頂点と底辺ですからねえ。ティーガー?とチハぐらい差があります」
課長「それに一般とエロは違う業界と言っても過言ではあるまい。あと大した知識もないくせに、それっぽい例えとか使うな。この半可通め」
私「もー課長ったら、細かいところにうるさいんだからー」
課長「拗ねてみせてもダメだ。いいから話を続けろ」
私「あいあい。ちなみに時雨沢先生の一日は、私と大差ないですね。専業物書きって、みんなこんな感じなんですかね」
課長「知るか。だいたい同じような生活してても、上がってくる原稿のクオリティが違う。お前なんか1個師団いても、時雨沢先生の小指の先にも勝てまい」
私「む、悪くない表現です。今度使おっと」
課長「お前に嫌味が通じないのはわかったから、話を先に進めろ」
私「あいあいあい。個人的には、大人になったアリソンが超萌えるんですよね。若い頃のアリソンも大好きですが」
課長「待て。学園キノの話はどこに行った」
私「いや、学園キノの3巻あたりで出てこないかな……と」
課長「世界違うから出てこないと思うが……」
私「それは残念です。あと、『作家になるにはどうしたらいいか?』という質問に、とても丁寧に答えておられるのが素敵だと思いました。非常に真摯で、役に立つアドバイスが満載です」
課長「ちなみに、お前なら何て答える?」
私「私はアホなので、『プロを目指すのは失うものが大きすぎますが、それでも構いませんか?』って問い返します」
課長「身も蓋もないな、おい」
私「デビューするだけならまだしも、継続的に商業活動続けていくのって大変ですよ。今ここにも、風前の灯火な物書きが1人」
課長「お前が消えてなくなれば、エロライトノベル界に少しは貢献できるかもな」
私「望むところです」
課長「黙れ。仕事をしろ。灰になるまで燃え尽きてから消えろ。この生焼けライターめ」
私「でもたまには一読者の立場に戻って、余計なこと考えず純粋にエロ小説を楽しみたいです」
課長「それはもう一生無理だな。捨ててきた幸福に未練とか持つな。見苦しい」
私「さよならは~言ったはずだ~別れたはずさ~♪」
課長「歌わなくていいから原稿書け」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

ぞうさつ。
【象殺】
 古代中国南部には、祝い事の際に獣を祖先の霊に捧げて料理する習慣があった。生贄は大きいものほど好まれたことから、最高の吉事には象を殺すのが好まれたという。
 このことから最高の喜びを「象殺の喜び」と表現するようになった。
 なお余談ながら、出版業界で第2刷以降を発行することを「増刷」と呼ぶが、これが「象殺」に由来するのは言うまでもない。
(民明書房『世界奇習事典』より)

課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「おい、そこの嘘吐きライター。スケジュール遅延のこの忙しい時期に、微妙な嘘をついてるんじゃない」
私「だって増刷ですよ増刷。商業物書き最大の幸せといえば、やっぱり増刷ですぜ旦那」
課長「今度はどれだ」
私「『誘惑くのいち学園』です。『巫女かるてっと』も去年増刷されてますし、各作品が順番に増刷されてってますね」
課長「ま、売れるのはみんなのおかげで、売れないのは作家1人のせいだからな。編集さんとイラストレーターさんと、その他全ての関係者に感謝するがよい」
私「担当編集さんから書店様まで、いつもお世話になってます。あと買って下さった読者の皆様には、感謝の念に耐えません。ありがとうございます」
課長「『あねもね』や『おしかけメイド隊2』はどうだ?」
私「順調みたいですよ。もっとも作者本人の言うことなんで、アテにはなりませんがね、ふふふ」
課長「冒頭から嘘ついてるしな。何だ象殺って」
私「すみません。1日1回は悪質な嘘をつかないと、身体の調子が悪くって」
課長「つくづく死んだ方がいい人間だな、お前は」
私「嫌ですよ、まだ書きたいエロの半分も書いてないんですから。殺されたって死なねー」
課長「ペンネームが『しんじまお』なのに?」
私「それも悪質な嘘です」
課長「……」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

そして締め切りが近づく。
 仕事が忙しくなると、課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)も無口になりがちです。私も黙々と原稿書いてますが、ちっとも仕事が終わりません。
 どっか遊びに行きたい……。

 現在執筆中なのは、相変わらず二次元ドリーム文庫の書き下ろし単行本です。たまにはノベルズとかも書きたいんですが、いつの間にやら文庫専属作家みたいになってしまいました。
 まあ確かに、こっちの方が私に合っているとは思うのですが……。
 個人的にエロ小説書くのは趣味の延長線上なのですが、仕事として執筆すると責任とか色々あって緊張します。売れなかったら干されちゃうし。
 ただ、今のところ既刊はどれも順調に売れているようなので、もうしばらくは作家のフリができると思います。売れなくなったら即消されると思いますけど。
 好きでやってるから文句も言えませんが、常に失業の危険に曝されてるってのは、なかなか胃に悪い商売です。

 次回作の詳細についてはまだ御報告できませんが、まあ要するに真慈真雄的なエロ小説ですので、別に報告することもないような気もします。
 あんまり迂闊なこと漏らすと、編集さんに○○を×××で△されちゃいますしね。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

NHKのアニメは化け物か。
私「イーサコちゃんが欲しい♪」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「しょっぱなからSIRENネタ混ぜてややこしくするな、この阿呆」
私「電脳コイル面白いですね。精霊の守り人も面白いですけど」
課長「精霊の守り人は、お前のとこじゃ視聴できないからな。DVDを待つがよい」
私「で、電脳コイルなんですが、子供の日常と非日常を生き生きと描いているのが大変良いと思います。遠くに置き忘れてきた子供時代の思い出を、色々とくすぐられるですよ」
課長「子供時代のお前に一番近いキャラはどれだ?」
私「……と、友達がいないって点でイサコかな……うへへ」
課長「あらゆる意味で哀れなヤツだな、お前は」
私「まあそれはさておき、イサコちゃんですよイサコちゃん」
課長「様をつけろよデコスケ野郎」
私「なんだ、課長もファンですか?」
課長「どっちかというとモジョかな。特に5番が」
私「どれだか分かりませんよ。直進くんかじってたヤツですか?」
課長「サボテン界では、あの色と毛が人気沸騰だぞ」
私「多肉植物の世界なんかどうでもいいです。それよりイサコちゃんですよ」
課長「お前の歪んだ嗜好からして、絶対にフミエかオバサンに萌えると思ったんだがな」
私「フミエ普通に可愛いじゃないですか。オバサンだって美人ですし。イサコはあの、『クールビューティ気取った寂しがり屋』なところがたまりません。微妙に屈折してる性格が最高」
課長「踏まれたいか?」
私「それもいいですが、意地悪したくなります。で、半泣きにさせた後で可愛がります。できれば性的に」
課長「お前は口を開く度に、人間的価値が暴落するな」
私「人生ストップ安ですよ」
課長「そんなこと言って同情を誘おうとしても無駄だ。内心では、登場人物が小学生ばっかりのエロ小説を書きたいとか思ってるだろ」
私「ぎく」
課長「小説だから児童ポルノ法は関係ないが、さすがに無理なんじゃないかね?」
私「無理かも知れませんねえ……ああそうだ、注意書きをつければいいんですよ。『この作品に登場する小学生は、全員18才以上です』って」
課長「お前正真正銘のバカだろ。いや本気で」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

作家やってて良かったかな、という日。
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「その手に持っている冊子は何だ?」
私「友人が昨年の冬コミで買ってきた同人誌ですよ。『二次元ドリーム文庫総解説』ってタイトルです」
課長「書評がメインの記事なんだな」
私「そうですね。もちろん私の作品も載っていますよ。『淫蕩仙女妃麗』『魔法のメイドの美沙都さん』『おしかけメイド隊』『巫女かるてっと』『誘惑くのいち学園』がエントリーしてます」
課長「可哀想に……他の作家さんと比較されたら、お前の立場があるまい。なんせキルタイムのド底辺作家だからな、お前は」
私「自覚してることをいちいち言わなくていいです……と言いたいところなんですが」
課長「どうした?」
私「『淫蕩仙女妃麗』が、二次元ドリーム文庫1の作品だと絶賛されています」
課長「ほほう」
私「確かにあれは資料とかいっぱい揃えて書いた、私の力作でしたねぇ。当時はまだドリーム文庫の方向性が確立してなかったこともあって、それをいいことに好き放題書かせてもらいました」
課長「しかしこの同人誌、丁寧な作りの誌面構成だな。とても好感が持てるぞ。ぶっちゃけ、お前の書く小説より立派だ」
私「げふごふ。ちなみに発行者は、『東洋大学SF研究会』の皆さんですね」
課長「なんでSF研究会が……?」
私「SF小説の方面から、文芸要素が入ることが多いんですよ。私自身、山口大学SF研究会の機関誌で、ちまちまと小説書いてました。もはや黒歴史ですが」
課長「同じ学漫系サークルの人間として、やっぱり親しみを感じるかね?」
私「そりゃあもう。それにコミケじゃいつもご近所様でしたからねぇ。ああ、素晴らしき我が青春よ」
課長「ちなみに『淫蕩仙女妃麗』の続編とかは?」
私「出せるといいんですが、諸般の事情でたぶん無理だと思います。色々と話は考えていたんですが……」
課長「どんな?」
私「緋鈴の生前に関するエピソードを考えてました。彼女を殺した犯人を追って、妃麗・緋鈴・マリーの3人は台湾へ! 死闘とエロスがガッツンガッツン……と。まあ、全部お蔵入りになってしまいましたが。ははは」
課長「残念だな。ライトノベルとエロの両立は、なかなか難しいものだな」
私「やっぱりエロが主体ですからねぇ。でも個人的には『淫蕩仙女妃麗』大好きですよ。金髪ロリとフタナリスパッツと堕落した美女って、私のストライクゾーンど真ん中ですし」
課長「ま、お前の書く作品でも、多少は誰かを楽しませることがある訳だ。しっかり精進せよ」
私「はい。今後の参考にさせて頂きます」
課長「では執筆を再開せよ。ていうか電話鳴ってる」
私「いやあああぁ!」

 東洋大学SF研究会の皆様に、改めてこの場でお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

近況。
私「執筆マラソン 知ってるかーい♪」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「こいつは どえらい ひじょうじたーい♪」
私「かなりヤバイ!」
課長「かなりヤバイ!」
私「かなりヤバイ!」
課長「かなりヤバイ!」

 とまあ、のっけから歌いながら走っている訳ですが(何の歌だか分からない人は、近くのミリタリーマニアに聞いてみて下さい。ファミコンウォーズ知ってる人でも可)。
 旧ノートの具合が末期的状態を呈してきたので、私は一路山口県へと走りました。いやだって、これ買ったの引っ越し前ですし。
 最悪の場合は購入店に預けてくる予定でしたが、パソコンに詳しい現地友人の見立てによると、OSの再インストールで良かろうということでした。
 もっとも、マニュアルとかリカバリディスクとか全部友人宅に預けっぱなしだったので、どのみち取りに来なければならなかったのですが。
 ついでに新ノートの方も見てもらいましたが、「Vistaだからどうにもなんね」との温かい御意見を頂きました。
 こっちも再インストールからやり直しだな……。

 仕事の忙しい時期にこの有様というのは泣けてくるのですが、もし旧ノートが動かなくなると仕事に重大な遅延が生じかねないので、超強行軍で片づけてきました。
 もっともまだ旧ノートの方は、再インストール済んでないんですが……。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。