FC2ブログ
もうだめ。死ぬ。
プロフィール

真慈真雄(しんじまお)

  • Author:真慈真雄(しんじまお)
  • 娘が生まれました。親バカ丸出しですが、将来美人になると思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

2007/1/28~

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サボテン相談室。
私「ソフトバンクのCMで、変な家族が出てくるんですよ」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「どんな?」
私「父親が犬で、母親が日本人女性。なのに兄が黒人という、OLの女性の家族です」
課長「サボテンの私から見れば、ごく普通の一家に見えるが」
私「いや、犬と女性が結婚して子供までできてるんだな……と想像すると、色々と来るものがありまして」
課長「いきなり出だしから下品妄想で恐縮だが、今日はお悩み相談室の回だ」
私「私による私のための私の相談室です。私が私のお悩みに、どーんとお答えします。なお、私以外の相談は受け付けません
課長「お前、友達とかいないのか」
私「はっはっはっは」
課長「……まあいい。とりあえず最初の相談だ。『どうしても締め切りが守れません。担当編集さんから脅迫メールが届いて困っています』」
私「守らなくていいです」
課長「待てこら」
私「締め切りには3段階ありまして、暫定締め切り・正式締め切り・マジやばい締め切りとなっております」
課長「えーと」
私「とりあえず締め切りを大まかに決定した後、私の怠け具合を判断して、正式な締め切りを決定する訳ですね。ちなみにマジやばい締め切りをオーバーすると、印刷が間に合わなくなります。発売延期になったりします」
課長「どこまで信じたら良いものやら……」
私「マジやばい締め切りさえ守っていれば、たぶん何とかなるでしょう。それ守れなくなったら、プロとしておしまいですが」
課長「お前は守っているのか?」
私「何事も、努力する姿勢が美しいのですよね。結果は後からついてきます。人事を尽くして、天命を待ちましょう」
課長「私の目を見て話せ
私「さて次の質問ですが……『エロシーンは全体の何割ぐらいあれば良いのでしょうか』」
課長「スルーかよ」
私「私の場合、エロシーンは全体の2/3が最終防衛ラインです。これより少なくなると、何となく負けたような気がしてきます」
課長「ということは1章40ページだと、27ページ程度がエロシーンか」
私「エロライトノベルに必要なのは、まず第一にエロであること。次にストーリーが破綻してないこと。後は好みで御自由にどうぞ」
課長「その、何だ……物凄く偏ってるぞ」
私「黙れ黙れ! 借りてきたアダルトビデオにエロシーンがほとんど無かった、私の哀しみをどうしてくれるんだ!」
課長「まあ、その気持ちはわからんでもないが……」
私「という訳で、今回のお悩み相談室はここまで! 次回も私のお悩みを、私が解決しますよ」
課長「いいからさっさと仕事に戻れ」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

たうたうたう。
私「たうたうたうたう……」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「どうした腐れ作家、とうとう頭まで腐り果てたか」
私「いや、これは多雨を祈願する、由緒正しい『たうたう御詠歌』です。渇水になってはエロどころではありませんから」
課長「由緒正しいのかね?」
私「今考えました」
課長「……お前やっぱり病院行け」
私「さて、前フリはこれぐらいにしておいて、先月出た『あねもね!』の話でもしましょうかね」
課長「何か面白い話でもあるのか?」
私「……考えてみたら、特に面白い話はないですね」
課長「なんだそれは」
私「本編より裏話の方が面白い作品って、何だか嫌でしょう? ああでも、千秋の担当編集の名前が私の担当さんと同じ名前だったりとか、志季の兄に名前がないのは『春・夏・秋・冬・四季』でネタが尽きたせいだとか、どうでもいい話はあります」
課長「そういえば、志季の父親も名前がないな」
私「まあ、主人公以外の男はハンバーグの横についてるパセリみたいなものですから。名前なんぞ与えると、余計な存在感が出てしまいます」
課長「逆に名前だけ出てくるキャラってのは、結構多いな」
私「そっちは逆に、『この世界には、他にも人間がいっぱい住んでるんですよ』というアピールですね。主人公とヒロインだけだと、何だか孤島で暮らしてるみたいですから」
課長「そういえば前回の没プロットに、『遭難して無人島でハーレム生活』というのがあったな」
私「無人島というシチュを生かしきれてなかったので、まあ没で良いでしょう。無人島といえば、サバイバルと治外法権ですから」
課長「過酷なサバイバル生活で生まれる愛と、無法の限りを尽くす鬼畜っぷりか?」
私「どっちも二次元文庫には向いてないですね。プロットではどちらかというと、南国の楽園みたいな島でのんびり暮らす話になってましたし……」
課長「南の島へ高飛びだ!」
私「いやそんなマイナー特撮ネタ振られても、ほとんどの人にはわかりませんから」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

書くことがねぇー!
私「うーん困った困った」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「どうした、わざとらしく頭を抱えたりなんかして」
私「ブログに書くことがありません」
課長「じゃあ閉鎖しろ」
私「いや、もう2年以上続けてきてるブログですから、それもちょっと……」
課長「じゃあ今さら悩むな」
私「とは言うものの、これといって書くことがないんですが。日常生活はヒッキーと大差ないですし、仕事の話は余り詳しくは書けません。何なら政治信条や人生観について語ってもいいですが、たぶん誰も読まないでしょう」
課長「そうだな。じゃああれだ。『編集部に対する要望』とか言ってみろ」
私「そんな! 印税上げてくれとか締め切り過ぎたぐらいで慌てるなとか俺宛のファンレターとか本当に来てないのかとか、うっかり告白しようものなら粛正されちゃいますよ」
課長「また随分と派手に告白したな……。おまけに内容が情けないときた」
私「いや、ここらへんはまだ序の口でして、一番の要望であるデーモン<魔>ロード氏の正体を教えてくれとかは、絶対に言えませんね」
課長「……そんなこと聞いてどうするつもりだ」
私「いや、ずっと気になってまして」
課長「お前も底辺とはいえ、一応は二次元編集部の関係者なんだから、聞けば教えてくれるだろ」
私「私もプロですから、仕事に関係ないこと聞くのは、どうも躊躇してしまいます。それにほら、映画とかで依頼主の身辺を探ったりすると、消されちゃうでしょう?」
課長「いっそ消されたらどうだ? お前が死んでも、代わりは幾らでもいるだろ」
私「ああ、綾波みたいに」
課長「全国1億2千万の綾波ファンに土下座しろ」

 で、誰なのかは分からずじまいです。
 まあでもとりあえず、ブログ1回分のネタにはなった。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

近況報告。
私「隊長! 執筆状況を報告します!」
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「いや私は課長だから」
私「9作目の執筆は、極めて順調であります! 今回こそは締め切りを守れるでしょう! それからキャラデザのラフも上がってきました! どのキャラも超可愛いです! 物凄く気に入ったので、壁紙にして飾ってあります!」
課長「そうかそうか」
私「現在、1日に1章を書き上げる勢いで執筆中! おそらくこれは、真慈真雄の最高傑作となるでしょう!」
課長「うんうん」
私「詳細はまだ秘密でありますが、今回は主人公が○○だったり、ヒロインが××だったり、エッチシーンに△△△があったりします!」
課長「伏せ字だらけだな」
私「だってばらすとバラされちゃうから! 担当編集さんとかに!」
課長「……で、どこまでが本当なんだ」
私「キャ、キャラデザのところぐらい……かな」

 いや本当、私個人の好みにど真ん中直球で来ました。感動しました。
 挿し絵の完成が待ち遠しいです。
 ええまあ、私が本文書かないと完成しないんですが。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

まっすぅー。
私「ビバ筋肉!
課長(ナデシコ目サボテン科エキノプシス属)「まあ落ち着いて墨汁でも飲め。それから深呼吸して説明しろ」
私「いや、女子プロレスラーが痴漢を捕まえたという記事を読みまして」
課長「お前、プロレス観ない人間だろ」
私「いや、そのレスラーの子が超可愛かったんです。おまけに腹筋割れてるし」
課長「……ああ、お前そういうの好きだったな」
私「筋肉質の女の子って、とても魅力的だと思うんですが。いやもちろん、何事も程度の問題ですけど」
課長「ですがって言われても困るな。そのへんの嗜好は人それぞれだろう」
私「世の中には超肥満体の女の子が好きとか、ほぼ完全な獣人の女の子が好きとか、色んな趣味がありますからねぇ。フェチの世界は奥深いものです」
課長「みんながみんな、同じ趣味というのもつまらない話だからな」
私「ただ商業作品に登場させようとすると、なかなか難しいんですよね。どうしても最大公約数的になるというか、最大派閥の意向は無視できませんから」
課長「あらゆる分野の商業作品が背負う、宿命みたいなもんだな。こればっかりは、どうしようもない」
私「一度でいいから、筋肉系美少女だらけのハーレム小説とか書いてみたいんですが、やっぱ同人でもするしかないですか?」
課長「いや、商業と同人でギャップがありすぎると、それはそれでお客さん困るだろ……」
私「まあ同人しようにも、挿し絵描いてくれる人いないんですけど」
課長「つくづく1人じゃ何にもできないんだな、お前は」
私「『天は二物を与えず』ってヤツですな」
課長「そういうのは、せめて一物与えられてから言え」
私「……」

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

Vistaは要らない子。
 仕事でパソコンを使う関係で、どうも1台だけだと不安です。そこで2台目のノートを購入しました。

 よりにもよって、この時期に。

 まず何が問題かって、噂のVistaですよ。使ってみるとわかるんですが、これ何となくMeに似てます。
 動作が不安定! エラー吐きまくり! メモリ無駄喰い!
 そして止まるIE。
 他に何も起動させてないのに、どうしてIE立ち上げただけで止まるんでしょうか。

 視覚エフェクトを限界まで削ったり、レディブーストのフラッシュメモリ差したり、メモリ増設したりと、いろいろしてみたんですが……。
 こんだけやったら、XPならぐりぐり動くよなぁ。
 もうそろそろ、マイクロソフトに金を払うのが嫌になってくる今日この頃です。

 ちなみに一番つらいのは、IE上でATOKが起動しないことでして、不知火梓より頭の悪いIMEを泣きながら使用しております。
 次回からは一太郎で記事書いてから、コピペしよう……。
 とりあえず、この時期にPC購入を検討されている方は御用心を。噂以上です、Vistaの低クオリティは。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。