FC2ブログ
もうだめ。死ぬ。
プロフィール

真慈真雄(しんじまお)

  • Author:真慈真雄(しんじまお)
  • 娘が生まれました。親バカ丸出しですが、将来美人になると思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

2007/1/28~

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が本当に書きたいもの。
 仕事とは言え、毎日毎日エロ小説書く生活は、

……結構楽しいんですよ、これが。
 もちろん仕事ですから、好きなものばかり書いている訳にもいかないんですが、やはり向いてるんでしょうね、この稼業が。
 できれば何も書かずに、印税だけ貰って暮らせれば最高なんですが。

 ただやっぱり、趣味で書いているのとは違って、色々な制約はあります。売れるもん書かないと意味がないので、自分のこだわりとか趣味は諦めねばならないこともあります。
 で、最近は大人しいエロばっかり書いている訳ですが、実際には「もっとアブノーマルなエロが書きてええぇ!」と、キーボードをかじっていたりするのです。

 そこで、「真慈真雄が書きたいと思っているエロ10選」をリストアップしてみました。
 ちょっぴりアブノーマルな世界ですので、エロに耐性のない方は見ない方がよろしいかと思います。
[READ MORE...]
遅筆の真雄。
 どうも。もうプロデビュー3年目なのに、未だに自分の方向性がわからないダメダメエロ小説家です。

 とまあ、いきなり愚痴みたいな出だしですが、愚痴じゃないんですよ。
 ほら、バトル物の漫画とかだと、登場人物がみんな個性的な技や流派を持ってるじゃないですか。
「巨大包丁で牛1頭を一撃で解体してしまう刀工料理人」とか、「仕込み麺棒を持つ居合使いのドイツパン職人」とか(出典が偏っていますが、気にしないで下さい)。
 そういう路線で行くと、「フタナリ物では並ぶもののないエロ小説家」とか、「汁描写のリアルさが凄いエロ小説家」とか、そういう人がいてもおかしくない訳ですよ。
 ていうか、実際いますけど。

 では私は、どうなんでしょうか。
 うーん……書いているジャンルはメイド物にやや偏っていますが、これは私の意向ではありません。作風は……良くも悪くも平凡。
 敢えて言えば、文章の読みやすさ(特に主語と述語の関係を明確にする)でしょうか。でもそれは、個性というよりも基礎的な技術ですね。

 ああ、締め切りを守らないというのは、デビュー当時から首尾一貫していま(ry
 ごめんなさいごめんなさい_| ̄|○
バトンっすか。
 知人の暇主婦な人からバトンをくるくる回されたので、二指真空把で受け止めてみました。

01--◆名前とその由来は?
 真慈真雄です。「死んじまお」に由来しています。
 デビューにあたって担当編集氏にペンネームを決めろと言われ、10分ほど考えて決めました。
 実は密かに後悔しています。

02--◆バトンを回してくれた人の印象は?
 ハルさんは……えーと。これ、ここに書いても、私の社会的立場と心身の安全は保障されるのでしょうか。
 ええと、す、素敵な女性デスネ。(((;゜▽゜)))
 一応本当のことを言っておくと、「この人が独身だったら良かったのに」と思ったことは何度かあります。

03--◆性別、種族は?
 男です。種族は一般的に「キモオタ」と呼ばれる分類に入ります。

04--◆使ってる携帯の機種は?
 ドコモの……忘れた。既に4年ぐらい使っているので、そろそろ壊れそうです。一日中一緒に部屋にいるので、携帯しているんだかそうでないんだか。

05--◆普段着はどんな感じ?
 ファッションにはとんと無頓着なので、そこらで買った安いシャツとジーンズです。執筆の気分転換に拳法や棒術や剣道をやるので、いつも腕まくりしています。
 そのままでは余りに地味なので、これまた安いネックレスを愛用していたりします。

06--◆年齢は?
 2週間で死ぬセミなら756回ほど死ねる回数を生きました。

07--◆自分を変態or変人だと思いますか?
 それが仕事ですので、別に変態だとは思っていません。

08--◆SとM、どっち?
 知人からはS、友人からはMだと言われます。

09--◆飛行機に乗った事はありますか?
 大学2回生のとき、「文芸風土学実習」と銘打った研究室の旅行で沖縄に行きました。
 主翼がみよんみよん揺れていて、パラシュートはないのかと教授に詰め寄った記憶があります。

10--◆好きな食べ物トップ3
 ざるそば、寿司、湯豆腐。

11--◆食べたら死にますな三種の神器
 モツ系全般・甘いもの(少量なら好きです)・米軍のレーション。

12--◆住みかにしている場所は何処?
 山口県。山口大学の近辺なので、学生がうるさいです。お前ら勉強しないと、エロ小説家になっちまうぞ!

13--◆法を犯した事は?(御用にならずとも)
 速度違反が1回。悪事は露見しないことが最も重要ですので、これ以上は言えません。

14--◆これを打ってる今現在眠い?
……そんなこと聞いてどうするんですか?
 おっと、質問に質問で返したら、鼻の穴に指を突っ込まれてしまう(ジョジョネタ)。
 眠くないです。

15--◆夜型?昼型?
 不確定。気が向いたら寝て、気が向いたら起きてます。

16--◆ドラマとアニメどっち派?
 どちらかと言えばアニメです。
 担当編集氏から「ラブコメを見て少しは勉強しろ」と言われたため、泣きながらラブコメアニメを観ています。助けて_| ̄|○
 お奨めは「厳窟王」「攻殻機動隊1st/2nd」などです。俗に言う「萌えアニメ」には全く興味がありません。

17--◆ゲイ、バイ、レズ、ノーマルのどれ?
 相手の性別を気にしたことはありません。

18--◆水泳はできる?
 もう長いこと泳いでいないため、自信はありません。心肺機能がガタ落ちなので、10mぐらいで潜水艦になるかと思われます。

19--◆北海道と沖縄行くならどっち?
 沖縄は本当にいいところでした。ぜひまた行きたいです。

20--◆野性的or上品?
 エロトークさえ封印しておけば、上品で通るようです。スーツ着てると「インテリヤクザ(友人談)」に見えるそうで。
 普段着だと「歴戦のテロリスト(友人談)」に見えるそうです。

21--◆化粧するorしない?
 まだ化粧するほどには悟りを開けておりません。申し訳ない。

22--◆ボーリングは得意?
 ボーリングは球速が採点されないことを知り、絶望しました。
 時速30km以上でブン投げてた私としては、ぜひ球速をポイントに加算するように求めます。ちなみに全く命中しません。

23--◆歌は音痴?
 素人にしてはマシな方だと、混成合唱部にいた同期の子に言われました。

24--◆機械は得意な方?
 私の両手にはグレムリンが宿っています。耐用年内でも壊すぜ。

25--◆メール派?電話派?
 直接相手のところに襲撃かけますので、どちらかと言えば自動車派。

26--◆好きな動物は?
 二本足で歩いてくだらぬ言葉を喚き散らし、私に無用なストレスを与える生き物以外は、だいたい好きです。
 あ、犬は大好きです。死別するのが辛いので、どうしても飼えませんが。

27--◆性格は?
 気が短く、自分勝手で小心者。退廃的で自堕落です。

28--◆今叫びたい事は?
 印税もっとくれ――っ!!

29--◆これを7人の人に回して下さい
 バトンストッパーとして活動中の実弟(引きこもり大学生)に全部任せます。
最近観たアニメと、最近読んだ本。
 今朝のマイメロは、相変わらず物凄い破壊力でした。地球の危機なんかより、マリーランドの住人の方が怖いっす。まだ観ていない人のために、ネタバレになることは書きませんが。
 ダークパワーに包まれたりコーラリアンに包まれたりと、なんか包まれ放題の地球がんばれ。

 電撃文庫の「リリアとトレイズ?(上)」を読みました。
 久しぶりだったので、トレイズが誰なのか忘れていましたが、すぐに喋る二輪車のことだと思い出しました。リリアは射撃の名手で、トレイズに乗って旅をしているんですよね。
……なんか、あんまり違ってないような気がしてきました。
 相変わらず時雨沢先生の文章は、会話のテンポが非常に良いですねぇ。伏線も巧みに張り巡らされていて、読んでいて飽きません。
 あたしゃ、この人の文才が1/1000でいいから欲しいよ。
 ちなみに誤字・誤用を3ヶ所ばかり発見してしまいましたが、こういうのが気になるのは職業病ですねぇ。
 私の単行本にも、誤字は毎回のようにあります。いつも念入りに校正してるんですが……。

「へんないきもの」の続編が出たので、これも読みました。
 私はムラサキダコの生態に興奮するような生態マニアですので、この手の珍妙な生物のこと書いた本は大好きです。
 ああ、どっかの川にいたアザラシとか、道路に生えてた大根とかはどうでもいいです。一向に知的好奇心をそそられませんので。
 今回の最強生物は、ぶっちぎりで「レウコクロリディウム」に認定。読んでみればわかりますが、凄まじい凶悪寄生生物です。B級ホラーそのまんまの生態で、かなり引きました。

 後は、私用のメアドに妙な迷惑メールが。面白いんで、そのまま全部晒します(下品な内容につき注意)。

私は前園顕子、32歳独身
総合病院内肛門科勤務、毎日(*)を拝見しております。
私は自称AM女です。仕事も午前中しかしませんし
名前のイニシャルもAMなのです。そして、さらにアヌスマニアなのです。
実は、私はある貴重なアヌスを探し求めています。
それは滅多にないような形をして色をして匂いのするものなのです。
もしかすると貴方かもしれないのです。貴方はアヌス毛は生えていますか?
私はいままでに沢山のアヌスを拝見させていただいてきましたが、
いまだに私の求めているプレシャスアヌスに出会えていないのです。
それで、無礼なこととは思いますが貴方にメールを差し上げました。
一度お逢いして拝見させていただけないでしょうか?
もちろん、拝見料はお支払いします。
それと、もし貴方が私の求めているプレシャスアナルの場合は
舌でテイストさせていただきたいのです。
もちろん、テイスト料もお支払いいたします。
良い御返事を期待しています。


 すげえよアンタ! 俺のエロ小説のキャラより、設定がぶっとんでるよ! ていうか、そのままエロ小説のキャラに使えるよ!
 いたく感動してしまった私ですが、考えてみると、こんな設定でエロ小説書いても二次元ドリーム文庫の読者がドン引きするだけだなと思いました。
 しかしこのまま埋もれさせてしまうのは余りに惜しいので、どなたかこのキャラでエロ小説書きませんか?
 あ、いえ、私は遠慮しておきます。
死にかけ執筆日記。(3/17)
 てな訳でして、自分を欺いて2章を書かせることに成功しました。いやあ、こんなに騙しやすい人間は滅多にいませんね。ちょろいものです。

 さて、続いて3章の執筆に入る訳ですが……空腹で倒れる前に、何か食べに行ってきます。よく考えたら、執筆し通しで朝から何も口に入れていませんでした。
 このまま3章を書き上げたら素敵な具合にダイエットできそうですが、たぶんこの作品は永遠に未完になってしまうと思われます。

 かゆい
          うま

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

死にかけ執筆日記。(3/16)
 こんにちは。今日も今日とて、モニターに向かってエロ小説を書き続ける赤貧物書きです。

 どうも締め切りが先にあると、油断してしまって筆が進みません。そのくせ締め切り間際になると、「なんであのとき俺は怠けていたんだよ、ちくしょー!」などと吠えたりしています。
 しかし私も、毎回同じ失敗を繰り返してばかりではありません。その昔、私の先輩が教えてくれた言葉を思い出しました。

「敵を欺くには、まず自分から

 確かに敵を欺くよりは、自分を欺いた方が簡単そうです。
 という訳で、早速自分を欺いてみました。

「締め切りはもうすぐだよ、もうすぐだよ~。具体的に言うと、今月末ぐらいだよ~」

 ちょろいもんで、あっさり騙されました。
 ここで大事なのは、これを一人で完結させないことです。すぐ忘れますので。
 私の場合、担当編集氏への連絡メールで「締め切りは今月末だと思っています」と書いておきました。これならもう、後には退けません。これで月末までに形にならなかったら、恥ずかしいですからね。
 まあ実際には、月末までに全部書き上げるのは少し無理ですが……。

 でもこれって、どっちかというと「背水の陣」の方が的を射ているのではないかと思いました。
 が、どっちが正しいのか、よく分かりません。
 なんせ私は、欺かれてますから。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

ホワイトデーだからって。
 おはようございます。本日を以て29になってしまったエロ小説家です。
 ホワイトデーだからって、別に雪が降る必要は全くないと思うんですが、外は綺麗な雪景色であります。いやあ、冬タイヤ付けっぱなしで良かった。

 そういえば昨夜、ROの方では神器クエストがありました。毎回そうですが、いきなり始まったんで全く準備していませんでした。
 1次と2次だけやって断念。「メモライズブック」とかいう、なんか分厚い本を貰いました。私の本もこれぐらい分厚ければ……と思いましたが、何ページ書いても印税は同じなので、やはり単行本は薄い方がいいな、と思いました。

 実際には私が無計画に書きまくるため、いつもページ数が規定をオーバーしております。ページ数を増やして貰っても足りず、あっちで1行削って、こっちを1文字削って……という作業を毎回やっております。
 自分で書いて自分で削ってりゃ、世話はありませんね。
 ボリューム満点の真慈真雄作品を、よろしくお願いします_| ̄|○
死にかけ執筆日記(3/12)
 私のペンネームは「真慈真雄」ですが、これは「死んじまお」に由来しています。なんていうかもう、投げやりかつ適当なペンネームですが、これは私自身がデビュー時に「どうせすぐに業界から消えるだろう」と思っていたことを意味しています。
 消えないままに3年目に突入しましたが。

 さて、5作目の単行本ですが、第1章を書き終えました。時間かかりすぎですが、いつものことです。
 なんせ毎回、単行本を書き終えるたびに、小説の書き方忘れてますから。思い出すのに時間がかかります。
 さて、第2章を書いてきます(゜▽゜)ノシ

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

引き続き毒を吐きます。
 他人と関わるのが面倒で物書きになった私ですが、生きている以上は人間関係からは逃れられません。
 そして今日も、私の胃がキリキリ痛む訳です。

 基本的に私が生きている世界は、身も蓋もない言葉の応酬です。担当さんは非常に礼儀正しく紳士的な人ですが、私の原稿にヌルいところがあれば容赦なく指摘を加えてきます。仕事ですから、妥協は許されません。エロくないものはエロくないし、売れないものは売れないのです。ダメなら書き直すのが当たり前。
 例え書いているものが「美少女がいっぱい出てきて主人公モテモテだぜヒャハー」というエロ小説だとしても。
 読者様を楽しませることでしか私は生きていけないのですから、当然と言えば当然のことですが。

 だもんですから、私の口は年を追うごとに悪くなります。本音で話すと罵詈雑言みたいに聞こえるらしく、大抵の人は泣いてしまったり怒ってしまったりするので、親しい人以外と話すときはかなりソフトな物言いを心がけています。
 ただまあ友人知人の中には、それが私の地だと思っている人も多いらしく、私がたまに素で会話するとえらく驚くようです。
 先日も私の発言が酷すぎるなどと知人に言われてしまいました。

 私だって元は接客業をしていましたから、他人の感情を推し量ることぐらいできます。そもそも、人の感情に疎くては、小説なんぞ書けません。
「あ、これ以上言ったら泣いちゃう(怒っちゃう)な」というのは、話す前から承知しています。
 それでも言うのは、私がやはり頑固な人間だからでしょう。言いたいことを我慢するぐらいなら、その人との付き合いを捨てた方がマシだと考えてしまうからです。
 結果、私の古い友人というのは普通の人が引いてしまうような毒舌家ばかりです。お互い相手の毒舌には耐性があるので、もう言いたい放題です。
 大学時代の先輩との会話。

先輩「お前、まだエロくねぇエロ小説書いてやがんのか。さっさと引退してイカ臭いニートになっちまえよ」
私「何言ってんですか。俺がイカ臭いニートになったら、ド赤貧中年のクサレアパートに菓子持って遊びに来れなくなっちまうでしょうが。それとも俺が手ぶらで遊びに来たら、あんた部屋に入れてくれるんですか」
先輩「いいからその菓子開けろよ」

 これでお互い終始笑顔でリラックスしてるんですから、人によっては異常と思えるかも知れません(改めて文章にすると、確かに酷い会話ですね)。
 でもまあ、これぐらいはっきりモノを言える相手でないと、信用できないのも事実です。
 という訳でして、今日も私は毒を吐きまくるのです。

 あ、もしもし。真慈真雄です。はい、ええと……あの、ですね……その、原稿の方ですが……実は……あー……うー……。
今日も今日とて毒を吐く。
 ブログに愚痴を垂れるのって見苦しいと思いませんか? そんなもん読む方の身にもなれって思いますよね?
 ということで、愚痴を垂れます。
 いやほら、誰かに読んで貰わないと愚痴になりませんから。

 私が嫌いな人間が、2種類あります。
 1つは無礼者ですが、もう1つは変節者です。
 ああ、変質者ではありません。そっちはむしろ親しみが持てます。
 ころころと態度や生き方を変える人間のことです。何が嫌いかって、信用できないじゃないですか。昨日は巨乳フェチだった人が、今日はつるぺたマニアになっててごらんなさい。
……すみません。余り良い例えではありませんでした。

 少し真面目な話になりますが、生き方をコロコロ変える人間というのは、次にまたコロッと豹変することがあるので、全く信用ができないのです。
 一度私を裏切って絶縁した知人が謝罪してきても、次にまた裏切るかも知れません。いつ襲ってくるかも知れない猛獣と同じ檻で暮らすような人生は御免ですので、永遠に絶縁したままにさせて下さい。

 私の場合、自由業ですので、人生の全ての決断は私に任されています。その結果は、私が全て責任を取らなくてはいけません。
 それを考えると、絶対の信用をおけるもの以外は、何も信用できなくなってしまうのです。だから一度でも信用できないと思ってしまったものは、もう二度と信用しません。
 生きていくためには仕方ないので、変節者と表面だけの付き合いをすることはありますが、心の中ではいつも完全武装で身構えています。

 ただ、どうも私のスタイルは頑固過ぎるようでして、余り理解されません。ある人は言います。
「信じないよりは、信じて裏切られる方がいいよ」
 でもそう言う人に限って、裏切られるとみっともなく動揺したりするものです。
 私も裏切られれば動揺しますので、信頼を預ける人は選ばせて貰います。過去に何度か痛い目を見てきましたので、選ぶときも慎重です。ただ私の人物眼は余りアテにならないので、なかなか上手く見極められません。
 そこで指標として持ち出したのが、冒頭の「変節者」な訳です。過去の実績から、信用できるかどうか判断するということですね。
 まあ変節者が信用されないというのは世間一般の常識ですので、別に大したことじゃないんですが。
 それにしては、何であんなに節操の無い人が世間には溢れているんでしょうね。そして、そんな変節者を信用する人も。

 もちろん、私の方が信頼を裏切ってしまうこともあるでしょうから、そういうときは大変気まずいです。私が実の親から全く信頼されていないのは、過去のたゆまぬ積み重ねによるものですが、えーと、以下略。
 もちろん信頼を裏切らないように日々努力はしていますが、果たして上手くいっていることやら……。

 あ、編集部からの信頼ですか?
 大丈夫、元から全然ありませんから。信頼を裏切る可能性はゼロです。
 えーと……どこで最初に信頼を裏切ったんだろう……。
違うんです_| ̄|○
 だらだらと原稿を書いているうちに、ふと気づいたら、このブログがラグナロクオンラインの「攻城戦アンテナ」に捕まっていました。
 えー、見て貰えばわかると思いますが、ここはあくまでエロライトノベル作家のブログです。従ってラグナロクオンラインの話題は、ネタがないときの苦し紛れにしか登場しません。情報収集などで見ておられる他同盟の方もおられるかと思いますが、たぶん何の役にも立たないと思います。すみません。

 そういえば確か、エロライトノベルのアンテナにも捕まっていたような(こっちは嬉しいんですが)気がします。
 ラグナロクオンライン攻城戦とエロライトノベルという、関連がなさそうでありそうでやっぱり全く無い2つのアンテナに捕まっているのは、たぶんこのブログぐらいなものでしょう。

 ちなみに私は零細ギルドのギルドマスターですが、うちの基本方針は「常に礼儀正しく」です。他同盟への暴言や挑発など論外、その場で除名処分にします(さすがにそんなバカはいませんが)。
 敵とはいえ、プレイヤー同士ですから。お互い、気持ちよく戦いたいものです。

 逆に言えば、ゲーム内やブログで他同盟をバカにしているような人を見ると、「なんだこの阿呆は」と思ってしまいます。たまにいます。
 別にラグナロクに限りませんが、そういう人ってのは他人を見下すことでしか、自分のプライドを維持できないのでしょう。
 ちなみにそういう人は、残念ながら私が知る限り、あまり大成しません。他人を馬鹿にしたって、自分が偉くなる訳じゃありませんから……。

 これは自戒でもありますが。
いいから仕事をしろ(by知人一同)。
 最近、ジャンルが「小説・文学」でカテゴリが「ラグナロクオンライン」だと、まるでこのブログにRO小説がUPされてるみたいだな、と思うエロ小説家です。こんばんは。
 一応、リンクから行ける私のHPには、RO小説が置いてあります。
 全部やおいですが。

 さて、仕事の息抜きに始めた(この仕事始めた頃は、自宅にネット環境がありませんでした。編集部にメール送るために行ったネカフェで、リネージュの無料プレイ始めたのがきっかけ)MMOですが、リネージュからROへ移住して早2年。
 未だに1キャラも転生していないというのは、いったいどういう訳でしょう。
 レベル上げは後半になればなるほど、「費やした時間」に対する「強さの増加率」が悪くなります。要するに費用対効果が落ちる訳です。
 で、別に最強とか1番とかに全く興味がない私としては、「もうこれ以上レベル上げするぐらいなら、そろそろ原稿まじめにやった方がいいよな」とか思ってしまうのですよ(最初からまじめに書け)。
 という訳でして、私の持ちキャラは全て、ほどほどの強さで育成が止まっております。レベルに限らず、ステータスから装備からスキルから、全部が全部ほどほどです。

 私の場合、何かやりたいこと(攻城戦とか武器製造とか)があってキャラを作り始めるので、目的を達成できればレベルなんか低くても構わないのです。
 私の友人なんかは事実上1キャラで延々と育成を続けていますが、キャラの育成どころか人生も原稿も投げ出したい私には、とても真似できません。

 とは言うものの、転生キャラぐらいは作りたいですねぇ。
 しかしネタに走って人生棒に振るタイプの私としては、うかつに転生などしようものなら、転生1次職のままで永遠に遊んでいそうです。
……などと言っていると、担当編集氏が物凄い目でこっち睨んでいますので、今すぐ執筆に戻りますね(((;゜▽゜)))

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。