FC2ブログ
もうだめ。死ぬ。
プロフィール

真慈真雄(しんじまお)

  • Author:真慈真雄(しんじまお)
  • 娘が生まれました。親バカ丸出しですが、将来美人になると思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

2007/1/28~

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚構をフィクションするのが仮想現実のバーチャルな訳で。
 国勢調査の調査票、ちょちょいっと記入しました。
 まず世帯人数ですが……1人暮らしなので1人。香港からやってきた紙使いの3姉妹とか、異性に抱きつかれると動物に変身してしまう美少年とかはいません。
 ふう、正直に書けたぜ。

 続いて生年月日などですが、これもちゃんと書けました。
 忘れかけてて免許証を見たのは秘密ですが。

 裏面に「9月24日~30日までに仕事をしましたか」という質問が載ってました。
 私に対する当てつけですか_| ̄|○
 ここで「いいえ」にしてしまうと無職になってしまうので、震える手で労働時間のところに「1時間」と記入しました。
 許して下さいサリバン先生、私は悪い子です。

 更に仕事の内容を書く欄までありました。「エロ小説の執筆」と書いておきました。
 最初「小説の執筆」とだけ書いて提出しようとしたことは、どうか御内密にお願いします。
ある地味すぎるROプレイヤーの日記。
 もう最近仕事方面でのネタが尽きてしまっているので、ROブログに転向しようかと真剣に悩んでいるエロ小説家です。
 エロ小説家とは言っても、地味な在宅仕事ですからねぇ……。

 しかし仮にROブログにしたところで、私のキャラもプレイスタイルも激しく地味ですので、ネタになりません。
 というか、うちのギルドの人たちがみんなおかしいので、私は無茶ができないんです。
 多少無茶しても全然目立たないし_| ̄|○

 ネットゲームの楽しみというと、色々あります。強いキャラを作ったり、強力な装備を求めたり、大勢の仲間を作ったり、強力なモンスターを倒したり……。
 中には他人を騙して財産を巻き上げたり、面白半分に他人のキャラをぶっ殺してみたり、まあそういう困った楽しみ方もあります。
 ところが私の場合、強さを目指す方面にはとんと興味がありません。幾ら頑張っても一番には絶対になれそうにもないので、最初から諦めているという話もあります。
 他人に迷惑かけるのも好きじゃないので、そういうこともやりません。報復が怖いですし(((゚д゚;)))

 じゃあ何が楽しいのかというと、データ集め。
 リネージュ1やってた頃は、全ての回復アイテムの重量効率・回復効率・価格効率を計算して、最も効果的なアイテムを検証したりしてました。武器のダメージ効率とかもよく検証したものです。
 こう書くと、何だか友達が少なそうなイメージですが……ああ少ないよ畜生_| ̄|○

 しかしROでは、そういう初歩的な計算とかは大抵誰かがやってるので、新しくデータを集める余地が少ないです。
 ダメージなんかの計算式なんかも複数の人が複数の計算式を出しているので、今更やってもしょうがないです。……というか、1つしかないはずの計算式が複数あるのは困るんですが……。

 幸い、私はギルド攻城戦に参加していますので、そっち方面でデータを集めたりしています。砦ごとの特徴とか、攻城戦用スキルの検証とか……。
 攻城戦は一部の人しかやってないので、意外と手つかずの領域が多いんです。
 で、そいつを検証して公開すれば、ブログのネタになるぜヒャハーとかも思ったのですが……

「公開するとライバルギルドに戦略がバレるかもしれない」とか不安になって、非公開にしている小心者の私が憎い_| ̄|○
スパッツ信者エロ小説家の悩み。
 私はスパッツが好きです。いえ、自分が穿くのは好きではありませんが。
 もちろん、筋肉質な男が穿いてるのも好きではありません。
 かわいい女の子限定です。

 さて、世の中には色んなフェチズムがあります。私みたいなエロ小説家は、そういうフェチズムを文章にすることで、わずかながら報酬を得ております。
 で、どうせ仕事で書くにしても、自分の嗜好と合った作品を書きたいと思うのは、人の常でしょう。
 ところが、スパッツ萌えな私には、スパッツ小説を書く機会が余りありません。
 なぜだか分かりますか?

 メイド服を着ている人は、メイドさんです。
 巫女装束を着ている人は、巫女さんです。
 ナース服を着ている人は、看護婦さんです。
 じゃあ、スパッツ穿いてる人は……えーと、何ですか?

 これが頭痛の種なんです。メイドさんなら「奉仕・献身・従順」、巫女さんなら「清楚・神秘的・和風」、看護婦さんなら「献身・包容力・清潔」といったイメージがあり、大変便利です。いや、誰が便利かって、私が。
 ところが、スパッツを穿いてる人には、そういうイメージがありません。そもそも、仕事なんかでスパッツ穿く人って、陸上選手や競輪選手ぐらいでしょうか。
 メイド萌えと陸上選手萌えとでは、支持基盤の広さにユーラシア大陸と沖の鳥島ぐらいの差があります。

 そういう事情があるせいで、私が「スパッツ少女が登場するエロ小説が書きたいんじゃああああ!」と叫んでも、担当さんに「はいはい、そのうちね」などとスルーされてしまったりするのです。
 私の2作目の単行本でスパッツ少女を登場させたときに、私がどれぐらい交渉に苦労したか、あなたに分かりますか? 分からないでしょう!? 分かれよ!(逆ギレ)
……こほん。取り乱してしまいました。

 まあそんな訳でして、いつの日にか「登場する女の子が全員スパッツ穿いてるエロ小説」を書いてやろうと目論んでいたりするのです。
 たぶん、編集長を暗殺しない限り不可能なんじゃないかと思いますが。
私は3個該当しました。
 てことで、昨日の追憶度チェックに診断結果を更新しときました。
 割と適当に作ってますんで、見るほどのもんでもないような気がします。
RO追憶度チェック。
 たった1年前のことなのに、もう随分遠く感じたりしますよね。イエス/ノーでお答え下さい。
 結果発表は明日、「続きを読む」の部分に追加します。

Q1:スクラッチマスクを見ていると悲しくなる。

Q2:ボス狩り用BSを持っている(持っていた)。

Q3:修理工を見ていると、何だか詐欺に遭ったような気がしてならない。

Q4:サイドワインダーCをソードメイス(鈍器系や短剣系なら何でも可)に貼ってしまった。

Q5:発勁なんて、ネタスキルだと思っていた。

Q6:ドケビの森にドケビがいないのは変だと思う。

Q7:鑑賞ノービス用に買った天使のヘアバンドについて、ガンホーに謝罪と補償を要求する。

Q8:AGI騎士をやっていると、今でもヒドラ沼に突撃できそうな気がする。

Q9:先日のスキル再振りで、ためらうことなくMEを覚えてきた。

Q10:で、ホムンクルスはまだなんですかこの野郎。

[READ MORE...]
吠える犬は咬まない。
 何の話かというと、以前どっかで見聞きした話なんですが。
 小説の新人賞になかなか採用されず、愚痴を言う人がいました。小説の新人賞ってのは、審査員の作家より先に編集部で選考を行って、数を絞り込みます(うちの二次元ドリーム文庫には新人賞がありませんので、私も詳しいことは知りません)。

 で、落選した人は腹立ち紛れにこう言う訳です。
「作家なら納得させられる自信があるが、編集者なんかに俺の作品の価値が分かる訳がない」と。
 気持ちはよく分かるんですが、これは2点の誤りを含んでいます。

 まず第一点が、読者の大半は作家ではありませんし、編集者でもありません。文章に関しては普通の人です。誰が読んでも納得するだけの作品でなければ、商業作品にはなりえません。
 それとも、作家向けに作品を発表していくのでしょうか? それなら新人賞に応募しない方が無難でしょうね。

 第二点は、プロデビューした際に一緒に仕事をしていくのは、他の作家ではなく編集者とです。編集部で「こいつの作品ならいける!」と思えなければ、その出版社で仕事はできないでしょう。

 どうも創作系の仕事というのは才能と個性でやっていけると勘違いしてる人が多いみたいなんですが、そういう類い希な才能と個性を持っている人は、プロの中でも一握りだと思います。
 もちろん、私みたいな三流物書きには、そんなもんありません。

 で、結局何が言いたいのかというと、「俺も勘違いしてたんだよ、ごめん_| ̄|○」ということです。
 ごめんなさい。
季節外れの怪談。
 彼岸花の咲く季節になりました。
 ところで、この「彼岸花」の由来を御存知でしょうか。

 彼岸の頃に咲くから彼岸花、というのが一般的な語源なんですが、実は他にもあるんです。
 日本では田んぼの土手なんかで咲いている彼岸花ですが、日本には元々彼岸花は自生していなかったそうです。つまり、誰かが植えた訳です。
 実は彼岸花、球根は食べられます。が、弱い毒性があるため、野生動物は彼岸花の球根を食べません。アク抜きをすれば食べられるそうです。
 早い話が、非常食だった訳ですね。

 で、ここからが本題です。
 彼岸花は古来から、飢饉の際に「最後の食料」として植えられていました。有毒な球根ですら、最後には食べざるを得なかった訳です。
 これを食べ尽くしてしまったら……。もう後は、人間しか残ってませんね。
 そのため、この花は「あの世への一歩手前の花」ということで、「彼岸花」と名付けられるようになった、ということです。

 もちろん、この由来が正しいかどうかなんて、私は知りません。
 ただまあ、食い物を粗末にする阿呆が溢れる現代、この花の球根を食わずに済むことは、ひとつの救いかも知れませんね。
 またいつか、この球根を食べる日が来ないとも限りませんが。

 なんちゃって。
NHKって「なんかエッチな気分」の略ですよね?
 世間にはNHK不要論があるそうです。
 まあ確かにNHKは不祥事があったりもしますし、受信料を払うのがシャクだという人もいるでしょう。
 しかし実際、NHK以外、何を見ろって言うんでしょうか。
 民放の番組って無理矢理盛り上げようとして空回りしてるところがありますし、そもそも内容自体がくだらないことが多いので、私は滅多に見ません。
 NHKのドキュメンタリーとかは、無駄な演出を廃した内容重視のもので、一日中見ていても飽きません。

 それに何より、「ふしぎの海のナディア」も「ヤダモン」も「カードキャプターさくら」も「むしむしQ」も、全部NHKなんです。

 グッチ祐三が子供置いてきぼりで怪演し、人生に疲れた親たちを癒しまくった「ハッチポッチステーション」も、内田順子がパッツンパッツンのスパッツで飛びはねまくって一部のマニアを前屈みにさせた「うたってオドロンパ」も(オドロンの着ぐるみが身長3mぐらいあり、神業的な操演で踊りまくってました)、全部NHKなんです。
 民放じゃ、あんな馬鹿な番組(←褒め言葉)作れませんよ?

 大ベテラン声優の青野武が「このまちだいすき」でシゴック先生やってくれたり、これまたベテラン声優の長島雄一が「たんけんぼくのまち」でチョーさんやってくれたり、声優の山崎バニラが弁士としての(ry
……すみません、声優大好きなんです_| ̄|○

 ともかく、NHKの経営体質がどうであれ、NHKの作る番組は面白いので潰してはいけません。
 NHKの番組には、締め切りで荒んだエロ小説家の心を癒す力があるんです。
 だから受信料を払ってあげてください。
もうじき国勢調査だそうです。
 国勢調査といっても、私なんか一人暮らしですからあっと言う間に記入が済んでしまいますが。
 私の大学時代の友人には、こんな人もいます。

 セ○オの抱き枕と暮らしていた友人は、国勢調査の際に、
「同居人1名」
と記入して調査員に渡したそうです。
 そんな訳でして、日本の総人口の中には抱き枕が1個含まれている訳ですが、気にしてはいけません。
 きっと世の中には、抱き枕以下の価値しかない人間もいる筈なのです。私とか。差し引きゼロだから安心してください(何がだ)。
エロ小説家の一日。
 ネタがないので、私生活を暴露して延命を謀ってみます。

■昼ごろ:起床
 3時間ぐらい、ネット上を徘徊したり漫画を読んだりする。

■夕方:朝食
 朝食後、仕方なく一太郎を起動。原稿をいじくりまわし始める。
 書いては休憩する繰り返し。

■夜:昼食
 ラグナロクオンラインで、ギルドの溜まり場に出現。
 チャットしたり、ギルドの用事を片づけたりする(持ってるキャラが、武器作れたりアイテム集めが得意だったりと微妙に便利なんで、雑用頼まれることが多いです)。

■深夜
 みんな寝てしまうので、仕方なく再び原稿。キッズステーションやNHKを垂れ流しにして、黙々と書く。

■早朝:夕食
 配達された新聞を読みながら、本日最後の食事を済ませる。
 編集さんが出社してくる前に、急いで原稿を送る。

■朝
 ラグナロクオンラインに戻って、レベル上げに出かける。
 その後、何かやり残したことがあるような気分になりつつも、とりあえず寝てしまう。

……なんていうか、ダメ人間っすね。原稿書いてるところを除けば、まさに引きこもりです。
ネタが何にもないので。
 デビューする時に考えたペンネーム候補でも並べて、お茶を濁してみます。

1)吉ヶ井文士(よしがい・ふみじ)
2)孟田滅法(もうだ・めっぽう)
3)越智真久利(おち・まくり)
4)真慈真雄(しんじ・まお)

……さて、どういうコンセプトかお分かりいただけましたね?
 全部当て字です。

1)キチガイ文士
2)もうだめぽ
3)(原稿が)落ちまくり
4)死んじまお

 ええ、どれもアレなのは気のせいです。
 デビューしたときは、ここまで続くとは思ってなかったんです_| ̄|○
今日の名言。
「ほとんどの米国人は、韓国がどこにあるのかも知らない。朝鮮が1つあるか、3つあるかも分かっていない」
――トーマス・フリードマン(米ニューヨーク・タイムズ 外交問題コラムニスト)

 ま、私たちも北欧とかアフリカとかの地理には疎いですから、そんなもんかも知れませんね。

「ほとんどの日本人は、真慈真雄が誰なのかも知らない。単行本が1冊あるか、3冊あるかも分かっていない」
――真慈真雄(エロ小説家)

 仰る通りで_| ̄|○
1冊の本を書くのに必要な知識。~続き~
 ということで、前回の続きです。

2)道具
 ヒロインは拳銃使いでもありますので、使用する銃器の選定から入りました。
 ヒロインはチャイナドレスの美女で、表向きは骨董屋を経営しています。それに似合う銃にしたいものです。
 ところが中国の銃器というのは、大抵どっかのコピーばかりでして、中国固有の銃器というのは皆無に近いようです。少なくとも、私は全然知りません。
 半端ガンマニアの私が知らないということは大半の読者が知らないということで、当然編集さんもイラストレーターさんも知らないでしょう。

 この時点で中国産の銃器を漁るのは早々と諦め、骨董品の銃から選ぶことにしました。
 といっても先込め式の単発銃とかですと、銃撃戦の最中に弾丸の装填ばかりしている描写になってしまいますので、適当に妥協しました。

 コルトSAA(通称「ピースメーカー」)は、アメリカ開拓時代のリボルバーです。が、さすがに古すぎてアレなので、近年になってから生産されたレプリカである「スーパーブラックホーク」にしました。
 ところがこれ、シングルアクション(撃鉄を起こして引き金を引くという、いささか面倒なタイプ)ですので、勝手にダブルアクション(引き金を引くだけで弾丸が出るタイプ)に改造させました。

……ここまでで膨大な数の拳銃や小銃を調べたのですが、考えてみればエロ小説なんだから、そこまでこだわる必要もなかったですね。
 これ以外にも、拳法使いのキャラが使う技の名前(中国拳法の技の名前は一文字ごとに意味があるので、専門書買って調べました)とか、店に並べてある骨董品(実際の歴史と矛盾しないかどうか)とか、色々調べてます。
 ええまあ、そこまでしなくてもいいんですが、詳しい人に「なんだコイツ、全然わかってねぇな」とか言われるのも悔しいので。

 もちろん、これが売り上げにどれぐらい貢献したかというと、まったくもって無関係だった訳ですが。
 私は怠惰で無節操な物書きですが、少なくとも嘘書いて恥をかきたくはないのです。
 だから、私の小説に誤りがあったら、そっと見て見ぬフリをしてください。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

1冊の本を書くのに必要な知識。
 ネタがないので、また仕事をネタにします。
 1冊のエロ小説を書くのには、どれぐらいの知識が必要なのでしょうか。よく「執筆よりも資料漁りの方が時間かかった」と言う作家さんがいますが(私もそうですが)、本当にそうなのでしょうか。

 ということで、私が過去に一番資料を漁った小説「淫蕩仙女妃麗」を例に挙げてみましょう。

1)文化
 ヒロインが中国人、しかも仙女という話でした。なのでまず、中国について調べるところから始めました。
 ただ、「中国」というのは非常に大雑把な表現でして、大まかに分けても東西南北の4ヶ所に区分されます。中華料理が顕著ですね。
 北東部の北京料理、東部の上海料理、南部の広東料理、西部の四川料理。
 食事のシーンもあるので、どこの出身にするか決めねばならず、それぞれの方言と文化を調べました。
 日本で一般的に「中国語」というのは、北京語です。広東や四川では、単語の発音などが微妙に違い、上海では大きく違います。
 次に料理。餃子は北京料理、麻婆豆腐は四川料理。紹興酒は上海名物で、果物のライチは広東名産です。
 もう調べているうちに目眩がしてきましたが、とりあえず上海は魔都としても名高く、また日本にも地理的に近いので、ヒロインは上海出身ということにしました。
 ただ上海語の発音は日本人には全く聞き慣れないので、ヒロインの名前は北京語で表記しました。

……そこまで凝ることか、という気もしますね。
 続きはまた明日。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

逃避。
 締め切りが迫ってきて、内心はとても焦っているエロ小説家です。こんばんは。
 もちろん、私もプロですから最善を尽くしています。編集さんへの言い訳リストを作成したり、居留守の練習をしたり、携帯の電源を切っておくよう心がけたり、何ひとつ落ち度はありません。完璧です。

……明日から頑張ります。
渇しても盗泉の水を飲まず。
 これはたとえ話です。
 あるところに、真慈真雄というエロ小説家がいました。彼は一応プロの小説家らしいところもたまにあったりなんかもするのですが、あるとき自分のHPで「真慈舞奈(しんじまいな)」というキャラクターを作りました。
 これは商業用のキャラクターではないので、著作権などについては特に何も考えていませんでした。
 ところが、ある企業が「新時麻絵(しんじまえ)」という名前で、そっくりなキャラクターを使い始めました。その企業によると、「真慈舞奈というキャラにインスパイアされて創作した」そうです。
 さて、私はこういうとき、どうすればいいのでしょうか。

 この場合、私はプロの物書きですので、まっとうな企業ならそんな真似はしてこないでしょう。まあそれ以前に、私のキャラなんか盗作したって、メリットは何ひとつありませんが。
 ところが、これが知名度が高いくせに著作者が明確でないキャラだと、企業は遠慮なく使うことができる訳です。既に知名度が高いから確実に儲かりますし、著作者に金払わないでいいからお得ですね。

 いやもちろん、これはたとえ話です。そんな破廉恥な真似する企業があるとは思えませんからね。当然、「○○○ックス」という企業のことなんか全然知りません。誓って本当です。
売れないエロ小説家に百の質問。
Q1:尊敬するエロ小説家は誰ですか。
 特にいません。敢えて言うなら、私以外全員。

Q2:最近読んだエロ小説は何ですか。
 えーと……(思いだそうとしている)。

Q3:好きなエロシチュエーションは何ですか。
 レズとか獣姦とかフタナリとか色々あります。
 書かせてもらえるかどうかは別ですが。

Q4:エロ小説を書くときに気を付けていることは何ですか。
 え? ああ、えーと、そのですね……あ! 企業秘密なんです、うん。

Q6:過去の作品で、一番気に入ってるのはどれですか?
「魔法のメイドの美沙都さん」です。

Q7:その理由は?
……昔のヤツは、何書いたか思い出せないので。

Q11:原稿は何を使って書いていますか?
 学生時代にバイトで買ったボロいノートです。一太郎使ってます。

Q23:休日は何をして過ごしますか?
 寝てます。

Q35:さっきから番号が飛んでませんか?
 気にするな。

Q56:この仕事は好きですか?
 どちらかと言えば好きです。

Q76:仕事は楽しいですか?
 いいえ全然。

Q87:来世でもエロ作家になりたいですか。
 死んでもお断りします。

Q99:読者の皆様に一言どうぞ。
 ごめんなさい_| ̄|○

Q100:この質問はフィクションです。実在の真慈真雄とは一切関係ありません。
……おいこら。
絵師と文士。
 私は高校の頃、イラストレーターに憧れて毎日毎日絵ばっかり描いてました。が、全然巧くなりませんでした。
 理由は簡単で、同じ構図の絵ばっか描いてたからです。
 私は大学の頃、小説家に憧れて毎日毎日小説ばっかり書いてました。が、全然巧くなりませんでした。
 理由は……よく判りません。ま、まあプロの物書きにはなれたので、深く追求はしないことにします。
 なんか怖い結論に辿り着きそうだし。

 さて、イラストレーターとライター、もしどっちかになれるとしたら、どっちがいいと思いますか?
 イラストレーターは小説の挿し絵なんかを描く訳ですが、小説家の書いた支離滅裂な文章に合うように絵を描かなきゃならんので、大変だと思います。中には締め切りに遅れて、イラストレーターのスケジュールをぐちゃぐちゃに掻き回すヤツもいますし。
 ええ、私のことですが。
 ライターは出版社から仕事を貰って、小説とかを書く訳ですが、ストーリーやキャラクターを考えるという作業は全部ライターの仕事ですので、アイデアが出ないときの苦痛たるや大変なものがあります。
 いえ、私は怠けているだけですが。

 イラストレーターの原稿料は安いです。日本屈指のイラストレーターでも、挿し絵だけでは食っていけないそうです。出渕裕氏が、何かのインタビューでそう言ってました。あの人でダメじゃ、ほとんどの人はダメだろうなぁ……。
 ライターの原稿料は安いです。たいていのライターは食っていけないんじゃないかと思いますが、他の人の懐具合なんか知りませんので何とも言えません。私も生活してくのが精一杯で、鯖缶など食いつつ日々生存しております。

 結論としては、「どっちにもならない方がいい」ということでしょうか。

テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

どうなっても私は知りませんよ? 知りませんからね?
 ラグナロクオンライン恒例、日曜の攻城戦から帰ってきて、開票速報見てます。
 エロ小説業界を優遇してくれる政党でもあれば応援するんですが、残念ながら今のところそういう政党はないようです。

 私ですか? ちゃんと投票してきました。
 自分とこのギルド名を書いたのは秘密ですが。
無効。
 投票に行ってきました。
 これからROの攻城戦がありますので、阿修羅PTリーダーの私は気が気でなりません。
 つい焦って、小選挙区のところに「青ポーション200、白ポーション30、万能薬も忘れずに」などとメモを書いてしまいまいした。
 どんな候補者だよ。

 すみません、嘘です。まだ投票行ってません。
 これからネカフェで攻城戦に参加しますので、その前に投票してきます。
 えーと、私のモンクに持たせる回復剤は、青ポーション200個に、白ポーション30個、万能薬も忘れずに……。
「愉快な迷惑メール」というのは矛盾しているか。
 一時期HPに私用のメールアドレスを公開していたせいで、よく迷惑メールが届きます。
 エロDVDの宣伝とか逆援助交際の宣伝とかが主流ですが、中には女性からの私信を装ったものとかあって楽しいです。

 でも一番笑えるのは、官能小説のダウンロードサイトとかメルマガとかの宣伝です。
「<18禁>不倫中の人妻がこの夏の珍[チン]体験を激白!」
 いやあの、そんな捏造モンのエロ小説ぐらい、いくらでも書けるんですけど……?

テーマ:官能小説 - ジャンル:小説・文学

自称ニートが語る職業論。
 などというタイトルを掲げてみましたが、要するに職業に関するフェチ話です。
 ちなみにタイトルだけ見て来た人に誤解のないように説明しておくと、私は世間一般ではエロ小説家として認識されています(本当かな?)。

 最近の流行りというと、メイドさん・巫女さんあたりが強いんでしょうか。あと、一部ではスクール水着も強いですね。いや、それは職業じゃないか。
 女子小学生というのは身分の一種ですが、それについて語るのは色々とアレなのでやめときます。
 私は婦人自衛官とか婦警さんが好きです。なかなか書かせてもらえませんが。人気ないんですかね。

 ちなみに私には年の離れた弟がいますが、小さい頃に「機動警察パトレイバー」を絵本代わりに読ませたおかげで、すっかり婦警さん好きになりました。
 また弟は昔病気で入院してたときに看護婦(看護士なんて言葉は認めません)さんに親切にしてもらったせいで、看護婦さんも好きらしいです。
 これらの実験と観察の結果から、幼少時の体験がフェチの原動力となることは明らかでしょう。

 となると、メイドさん好きな人というのは、いったいどこでメイドさんに親切にしてもらったんでしょうか。うらやましいじゃないかこの野郎。

テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

たまには仕事の話も。
 ここんとこどうでもいいような話題ばっか書いてましたので、たまには執筆関連の話題でも書いてみましょう。

 エロ小説家が原稿を書いているとき、どんな心理状態なのか。自分の書いた小説にハアハアしてるのか。
 まあ人によって違うとは思うんですが、私の場合は猛烈に脳を酷使しております。ハアハアしてる暇なんかありません。
 煩悩と直感だけじゃ、どうしても勢い任せの文章になっちゃいます。それはそれで持ち味があるんでしょうが、商業作品でそれやっちゃうと修正作業が大変ですので、色々考えながら書いてる訳です。
 たとえばこんな感じ。

 よくやるのが(もしくは、やらされるのが)、キャラの反応の微調整です。
 えーと、絶頂後に女の子が荒い息を吐いてるところなんか、例に取ってみましょうか。
「はあっ、はあっ、はあっ」
 これだとつまんないときは、疲労感を強めて深呼吸させてみます。
「は――っ……は――っ……は――っ……」
 さらに強烈な場合は、不規則でテンポの早い呼吸に。
「はあっ、はっ、はあぁっ、はぅっ、はぁっ、はっ……!」
……深呼吸の方がエロいでしょうか? まあ、ケース・バイ・ケースということで……。

 他にもいろいろあるんですが、仕事ほっぽりだしてブログ更新してるので、そろそろ仕事に戻ります。
テンペスト・後編。
 こんばんは。わくわくしながら台風を待っていた私でしたが、無事に生きております。「真慈真雄(死んじまお)」なんてペンネームのくせに、なかなか死なないなぁ。

 結局停電もなく、これといった被害らしい被害はありませんでした。ドアが風圧で開かなくなったりとか、台風としてはかなり強烈だったんですが、去年の台風が物凄かったので拍子抜けです。
 去年の台風では信号からランプがデロリと飛び出し、屋根瓦がアスファルトにぶちまけられ、トタン板が誰かの車に突き刺さっていたものですが、今回はどうってことなかったです。
 なんか雨台風だったらしいですね_| ̄|○
 いや、がっかりしてどうする。

 しかしおかげで、貯水率0%だった四国の早明浦ダムは、一気に100%まで回復したそうです。貯水率を戻すには大型台風10個ぐらい必要だとか言われてたんですが、それだけ14号は凄かった訳ですね。
 私の車もピカピカになってました。この間洗車機で洗ったんですが、それで落ちなかったしつこいヨゴレも、スッキリ綺麗になってましたよ。後でワックスかけとけば、当分洗わなくて良さそうです。
テンペスト・中編。
 だんだん雨と風が強くなってきました。雨はまだ小降りですが、風は結構吹いてます。
 去年の台風では窓枠から雨漏りしたので、窓近辺から濡れると困るものを撤去しました。
 あと台風の進度が遅いため、下手をすると長時間家に閉じこめられそうです。非常食だけでは不安なので、煮炊きしないでも食べられるものを少し買い足しておきました。
 一番の不安は窓ガラスが割れないだろうか、ということですが、これは運を天に任せるしかないですね。窓にガムテープを貼って、万が一の時にガラスの飛散を防ぎます。
 次の更新は、暴風圏内からお送りしたいと思います。
……停電していなければ。
テンペスト・前編。
 台風14号がだんだん近づいてきました。

 台風14号さんは、山口県在住の私のところには、明日の昼ごろ遊びに来るようです。
 去年来た23号さんは、最長2日間にわたる大停電を起こした挙げ句、県内全域の信号を全部ねじ曲げて行きましたが、今度の14号さんはどうなんでしょうか。

 関西出身の私は、阪神大震災で実家が震度5に見舞われたこともあって、防災グッズは完備しております。
 ただ、想定している被害が「家屋倒壊」だったので、非常食や飲料水、毛布などといったものは準備しているのですが、台風じゃ停電がメインなんですよね……。
 去年は停電が丸1日続き、夜は真っ暗。仕方なく、シュアファイア(軍隊などで使われている、小型の超強力ライト。銃に取り付け可能で、夜間戦闘時に敵の視界を奪うために使用される。航空機用アルミ合金製で、これで殴られると大変痛いが、停電時のローソク代わりとして使う人はあまりいない)で明かりを確保していました。

 今年は防災グッズに、停電対策を投入しました。
 といっても、自家用発電機なんか買えませんので、使い捨ての発光スティック買っただけですが。ぽきんと折ると、化学反応で光るヤツです。
 携帯の充電器も買いました。自動車から充電できるやつです。

 でもノートパソコンのバッテリーは買い換えませんでした。
 そんなことしたら、停電時でも仕事できちゃうじゃないですか。
好きとか嫌いとか最初に言いだしたのは誰だ。
 先日、あるアニメの批評をしている掲示板に迷い込みました。好きな人と嫌いな人とが、物凄い論争をしていました。
 好きだろうが嫌いだろうが個人の好きにすればいいと思うんですが、双方ともどうしても自分の結論に相手を従わせたいようでした。
 レスが延々とどこまでもどこまでもどこまでも延びており、見ているだけで目眩を感じましたので、早々に退散しました。

 私個人は、そのアニメは箸にも棒にもかからない駄作だと思っていますが、だからと言って、好きで見ている人に言いがかりをつける気にはなれません。
 子供向けアニメは子供が見て楽しければいいんだし、大人向けアニメは大人が見て楽しければいいのです。
 小難しい専門用語とか大層な参考文献とかを持ち出して、議論するようなこっちゃないです。

 私のエロ小説も、そういうエロが好きな人の夜のお供になればそれでいいので、あんま難しいこと言って議論するのは止めてください。
 いや、議論してる人がいるとも思えませんが。
劇場版響鬼みてきたっす。
 友人に無理矢理連れて行かれる形で、劇場版響鬼を観てきました。
 時間の割に登場人物が多すぎるので、ちょっと展開が駆け足だったのは仕方ないですね。後はまあ、楽しかったです。
 あんまネタバレ書くと困る人もいるでしょうから、ここには書きません。

 で、謎が1つ。
 響鬼本編の前に延々と何十分も予告編があったんですが、あれは何だったんでしょうか。
 それも響鬼の予告編ならわかるんですが、何とかレンジャーとかいう全然知らない作品の予告編でした。
 あれはいったい、何だったんだろう。
 まあ、予告編としては面白かったので、今度本編を観に行ってもいいかな、という気がしました。
「ならず者国家」って、実はお前のことだろ。
 ある国のハリケーン被災地域では、住民が商店から略奪を繰り返しているそうです。
……中東の某国に「正義をもたらす」とか言って派兵した国の人間とは思えません。やってることが政権崩壊時の某国の人と一緒のような気がしますが、それは言ってはいけないことなのでしょうか。
 まあでも、あっちの国でやってることも、要は石油強奪が目的だった訳ですから、ある意味首尾一貫してると言えなくもないです。
 建国時に原住民皆殺しにして、土地を略奪した連中ですしね。

 なんかそう考えると、あんま関わり合いにならない方がいいんじゃないかという気がしてなりませんが、そのへんどうなんでしょうか。
 ねえ小泉さん。

追記:本文は特定の国家を名指しにして中傷するものではありません。ここで述べられている「ある国」がアメリカ合衆国を指すなどということは決してありませんので、誤解なきよう願います。
社会人から贈る言葉。
 全国の小学生・中学生・高校生の皆さん。
 終わってしまいましたね。ケケケ

 大学や大学院はまだ夏休みだったりするので、ちょっと残念。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。